私は元ソープ嬢です。
ソープで働くために28才で処女を捨てました。
ハタチぐらいの頃から地元にある小さなお弁当工場でずっと働いていて家庭の事情で急に大金が必要になりましたが、私には到底無理な額で悩んでいて、職場に私の事をお姉さんのように慕ってくれる5つ年下の同僚の子がおり悩みを打ち明かした所、秘密を条件にその子が私に秘密を打ち明かして相談に乗ってくれて、それがソープでした。
その子は週末や弁当工場の仕事が終わってからソープで働いて、本当に困ってどうしようもなければソープと言う手があるよと教えられました。
高校を出てから働いた職場はどこもおじさんおばさんばかりで友達も少なくて出会いもなかったので恋愛経験すらなかったですがソープの意味は分かります。
とても悩みましたが私にできる事はそれしかなくて、その同僚の子にお願いして働いているお店へ面接に行く事にしました。

面接当日は同僚の子も同席してくれて、すんなり採用となり一通りの説明を聞いた後、手術痕やリスカ等がないかボディチェックとなりましたが、既に決心していても実際に人前で裸になるにはとても勇気がいります。
ついたてがあるとは言え、すぐ隣にはボーイさん等がおり、なかなか脱げずにいると店長から「そんなんじゃ仕事できないよ」と急かされ、なんとか下着姿になりましたが緊張して汗が止まらず震えがとまりませんでした。
無事にボディチェックも終え服を着てほっとしたのもつかの間に、すぐさま「この後、時間があるなら講習しておこうか」と言われ、さらに震えが止まらなくなってしまいました。

さすがに処女だと伝えなければと思い震えながらも勇気を振り絞り言ったのですが、店長も同僚の子も驚いて何度も確認するように聞き返され、最後は店長もあきれていて同僚の子も止めておいた方がいいよと諭されました。
同僚の子は既に乗り気でなくなっていて考え直した方が良いよと言われましたが、このまま仕事がダメになると後がない私は諦めきれず働かせてもらえるようにお願いした結果、とりあえず講習だけ受けて出来るかどうか決めたらいいと言われ講習を受ける事にはなり、同僚の子には反対されましたが最後は折れて私の講習に講師役で付き合ってくれました。

部屋に入ると先ほどは下着姿で済みましたが今度はもちろん全裸です。
先ほどのいきさつがあったせいで決意がより固まっていたのか緊張はしてても比較的すんなり全裸になれ素肌をさわられても平気でしたが、その後はつらい体験でした。

(続きは下記のリンク先で)

スペック
21歳、79キロ/167センチ

相手(楽器してるから唯ちゃんとする)
21歳、48キロ/149センチ、Aカップ

唯ちゃんとの最初の出会いは地方の中小企業の会社説明会にいった時。
唯ちゃんは電車ではす向かいに座っていた。
この時は時期も時期のうえ地方だから俺と同じA社の説明会にでるんだろうなぁと思った程度だった。

会場近くに早く着きすぎたため時間になるまでコンビニで時間を潰すことにした。
コンビニから出たら唯ちゃん発見。
俺は遅い時期まで就活をしている女の子は精神的にも弱っていて声をかければすぐ仲良くなれる事を知っていた。

しかしコミュ障の俺はなんと声をかければいいかわからない。
会場は目の前。
ここで声をかけられなかったら、唯ちゃんと話すこと無いんだろうなと思い旅の恥はかきすてだと、思い切って声をかけることにした。

「もしかしてA社の説明会うけますか?俺も受けるんだけど会場がわからなくて迷子になったんだ。」
と会社の目の前で話しかけた。
唯ちゃんは、同じ会社を受ける人がいたことが嬉しかったのか「目の前」とだけ言い残しスタスタあるいていった。

唯ちゃんが会場に入ったのを確認し俺も受け付けをすませ会場にはいった。
地方の中小企業なもんで受ける人も少なく、着た順で席に付く方式だったため席が隣になった。
そんなこんなで、唯ちゃんと雑談をして説明会が始まるのを待っていた。

説明会が終わると唯ちゃんは会場をそそくさと後にした。
俺はアドレス交換くらいしとけばよかったと後悔した。
しかし、神は俺を見放さなかった。
唯ちゃんは会場前で信号待ちをしていた。

で、電車でアドレス交換し、メールして、俺はその会社は不採用、唯ちゃんは採用なんらかんらで告白されて付き合った。
初めてのデートで思わせぶりな誘いを受け、のっかると撃沈。
しかし、俺の地元でのデートでキスに成功。

次に俺は手まんをしようと決意。
唯ちゃんはいろいろ奉仕はしてくれたがなかなか身体を触らさせてくれなかった。
考えた。
俺はその日からキスをする時唯ちゃんを俺の太ももの上にまたがらせた。
そしてキスの最中小刻みに動かした。
これは以前、女の子が小学生の頃鉄棒にまたがりオナヌーをしていたって言うのを思い出したからだ。

初めまして。私の初体験の時のことを書いてみたいと思います。

 高校までは実家にいたものの、大学に入ってはじめて親元を離れました。家では門限とかなんとか色々言われていたものの、外に出れば自由ですよね。 
 男友達の部屋で、夜遅くまでわいわいと皆して騒いでいたんですけれど、いつのまにか眠ってしまっていたらしくって。(しかも彼のベッドの上。) 
 気付いたら、真夜中。“私どこにいるんだろ??”ってしばらく考えました(笑 
 その上、驚いたことには、誰か他の人の気配が横にあるんです。驚きました、もちろん・・(^−^);

 すぐ友達だって分かったから怖くはなかったんですけれど。その時は眠かったから、その状況の不自然さもあまり気にしなかったのですが。 
(だって、いくら友達だからって、自分のベッドだからって、女の子の隣で一緒になって眠らないと思う。) 
 と、思ったら、いきなり話しかけてきて。好きだよ・・って。(ここらへんノロけになってますか?すいません。) 
 まぁ、友達だし嫌いじゃなかったし、即OKしました。それで、また2人ともすぐ寝ちゃって・・・。呑気なものです。

 こんな変な始まり方をしたものですから、最初っから一緒に寝るのが当たり前みたいになっていました。週末になれば、彼の部屋に泊まりにいくという・・。ちなみに、この頃まだキスもしていませんでした(笑 
 キスしたのはつきあって3週間目くらいだったかな。 
 お互い躊躇していたところもありました。特に彼が、私が嫌がることはしたくないんだ、と言ってくれていまして。隣に寝ていたって、一切触ってこなかったんです。 
 でも、だんだん距離が縮まっていって、腕を枕にして寝たりようにもなりました。

 そうなれば、やはり、というか・・触ってくるんですよね。パジャマの下で、胸揉んだり、背中に腕まわしてきたり。あ、下は拒否してました。恥ずかしいから。 
 で、その度に、まぁ勃ってるのがわかります。 
 私はこの時まで実物を見たことがなかったんです。それで、どうなってるのかな・・?って訊いたんです(笑 
 そうしたら、触ってみる? って。 
 断らなかった私って・・・。(好奇心が勝ったんでふ。)

 思ったより硬くって、熱かった、とでも言いましょうか。とにかく・・・、なんか不思議でした。・・うん。 
 そのうち、手でイカせてみようということになって。←半端じゃなく、すっごく時間かかりました。 
 で、次は口でしてくれるかと。←今も思うんですけれど、なんで口が先だったんだろう!? 普通・・逆なのでは。 
 苦いし、生ぬるいし・・・最悪でした。本当まずいっっ。あと口がすごく疲れた。下手だったから、かな。でも、彼が嬉しそうだったので、まぁ、いいか、と。

 この段階でも、まだ私は彼に自分の体全部を見せたことはありませんでした。 
 理由:恥ずかしいから。それだけ。本当に嫌だったんです・・T-T 
 でも、いつまでも・・っていうのも無理ですよね・・。

↑このページのトップヘ