大学時代の話なんだけど。

学生寮って言うか住んでるのが全員うちの大学っていうアパートがあった。
学生課で紹介してる所で、正式な寮じゃなくて大学から近いアパート。
コーポ山田なんていう名前からしていい加減な場所だった。

ぼろかったけど学生用だから気軽で、しかも家賃は3万ちょっとときてる。
あんまり勧誘なんかもうるさくないし、なによりあんまりうるさい奴も周囲にいなかった。

だから俺は地方から出てきた大学入学の時に入って、結局博士号を取って卒業するまでそこにいた。
8年かな?随分いたことになるな。

学生生活といえば俺はあんまり遊ぶタイプじゃなかったから
大学4年で研究室に入るまで真面目に勉強とバイトに打ち込んでた。
ちょっと映画に付き合うような女の子位はいたけど。
だから成績は良くて、一番希望していた研究室に入れた。
っていきなり書き出しちゃったけど良いかな?まあいいや。


研究室は同じように成績のいい奴らが集まってたけど上手い事遊んでても成績が良い奴なんかもいて
あんまり学生っぽくない自分に少しコンプレックスを感じたりもした。
なんて言ったって俺は映画とバイトの後に漫画を買ってくるくらいが趣味だったから。

まあそんなこんなで大学4年の卒論まではなんて事無く研究して、上手い事卒業する奴は卒業して就職していった。
俺は少しやりたい事があったから大学院に入って研究室に残った。
こんな時代だから親は就職しろなんて言ったけど、学費はなんとかバイトで賄える目途は立ってたし、
奨学金とかもあるしね。何よりも研究は面白かったから。

調度、大学院に入ったそんな時に留学生が来るって話を助手の先生から聞いた。

留学生なんて大抵はデブの台湾人か痩せてる中国人かいまいちどこ見てるかわからないインド人位だろうなんて思ってたから、正直「面倒くさいな」くらいにしか思わなかった。
4年生に留学生の相手はさせられないし、多分面倒くさい事は俺の役目になるからな。

でも初めて助教授と助手の先生が連れてきた留学生を見て驚いた。
国籍がアメリカだったって事もある。有名な大学からだって事もある。
確かに有名な大学からで、教授はにこたらしてたけど。
驚いたのはこの分野にしては珍しい女の子で、しかも見たこともねえブロンドだったからだった。
ブロンドの髪の毛なんて映画でしか見たことなかった。
顔つきも美人で、凄く頭も良さそうだったし。

でもここまで違うと下品な考えなんかは出て来ない。
4年生と一緒になって口あけてうおーーすげーーーと思ってて、
英語しか使えなくて日本語勉強中だからできるだけ英語で説明してあげるようにって聞いてやっぱり面倒くさいな、と思った。

10年くらい前の話で恐縮ですが、初体験の思い出です。 
当時、就職したばかりの時で、女性経験もない童貞でした。 
23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性(あかりさん)から「誕生日のプレゼント何がいい?」と聞かれたので、ふざけて「彼女が欲しい」」と答えると、肩を叩いて大笑いしました。 
いつもは優しい先輩でしたが、それから数日の間、ずっと僕を無視するような感じでした。 
それで当日になって、「お昼休みに屋上で」というメモを渡されました。 
食事を早々に切り上げて大急ぎで屋上に行くと、ドアの前の踊り場のところにあかりさんがいました。 
あかりさんは、「はい」と言ってリボンの付いた小さな箱を渡してくれましたが、ン僕はガマンできなくて抱き付いてしまいました。 
キスの経験すらなかった僕は、ディープキスというのがどういうものかわからなかったのですが、あかりさんの唇に押し付けるようにしました。 
あかりさんは、嫌がらずに僕の唇を受け入れて、舌を差し入れてきました。 
僕は、あかりさんの舌の動きに合わせるようにしました。 
あかりさんの首筋辺りから香ってくる匂いと、柔らかい唇の感触と、初めてのキスの興奮と快感で、僕のアソコは鉄の塊のように固くなってきました。 
僕は、あかりさんをきつく抱きしめるようにして下腹部にグイグイと押し付けました。 
擦れたり、押し付けたりする感触だけで、発射してしまいそうなくらいでした。 
そんな僕に抵抗もしないで、キスなどに応えてくれたあかりさんに対して、思い切って柔らかそうなおっぱいを制服の上から揉みました。 

(続きは下記のリンク先で)

私は今から20年くらい前に、新宿OSによく出ていたお姉さんに恋してしまったことがあります。

童貞の学生だったので、最初はステージに上がる勇気などなく、舞台の上にしかれた布団の上で、妖しいライトに照らされながら他の客と交わる彼女の姿を、胸が張り裂けそうな気持ちで眺めるしかありませんでした。
交わりが終わり、客の局部に付いたコンドームの中を満たしている精液が、今でも目に焼き付いています。
彼女のステージが終わったあと、劇場のトイレで、さっきの客と自分の姿を重ね合わせながら、オナニーに浸りました。
私のお姉さんに対する恋愛にも似た感情は、行き場の無い切ないまでに辛いものでした。
ステージの上で裸体をさらし、他の客と重なりあう彼女の姿は、セックス経験の無かった私に毎回、激しい嫉妬を掻き立てました。
ですが、それとは別の感情、言いようの無い胸の高まりと、心臓を撫で回されるような高揚感を感じたのです。
そんな状態で、一人目の客との交わりを終えた彼女と、ステージのすぐ脇で見つめていた私の目が合ってしまいました。
彼女は私に向かって、笑いながら「学生さん、大丈夫?」と声をかけてきました。
私はその意味がわからず、彼女に声をかけられた嬉しさと、突然のハプニングの驚きで「あ…あ…」みたいなしどろもどろの答えしか出来ませんでした。
(その返事すら、周りの音楽にかき消されて彼女には聞こえなかったと思います)

「じゃあ… 次は特別に学生さんね」

彼女の言葉は冗談なのか、ただのからかいなのか…
固まったままの私に彼女は手を伸ばし、ステージに上がることを促しました。
周りからはブーイング似た冷やかしの声、足は骨が抜けたみたいにガクガクし、立ち上がのもやっとです。
セックスの経験が無いのにステージの上に上がるなんて…
無理だ… そんなの出来ない…
初めての経験に対する猛烈な不安と、童貞であることのコンプレックスが私を思いとどまらせようとしました。
でも、今を逃したら彼女とは永遠に…
私は冷静を装う臆病な感情を握りつぶし、覚束ない足取りでステージに上がりました。
ステージの上に敷かれた真っ白な布団はスポットライトで照らされ、言いようの無い妖しく艶めかしい色で浮き出されているようでした。
これからこの布団の上で行う彼女とのセックスが、あくまで見せ物であることを思い知らされるような気持ちになりました。
「じゃあ下を脱いでね」
彼女に促されてジーンズのベルトを外しましたが、そこで手が止まってしまいました。
性器を女性に見せるのは初めてでしたし、勃起してるのは同じ男にも初めてだったからです。
照明に照らされたステージから薄暗い客席を見渡すと、大勢いるはずの客の姿があまり見えず、それがせめてもの救いでした。でも、何人かの客の眼鏡が反射でギラギラ光っていたのが、今でも記憶に残っています。
覚悟を決めて、一気にジーンズとパンツを脱ぎました。
その瞬間、恥ずかしい気持ちが彼女に対する切ない感情の訴えに変わったのです。
上手く言えませんが
僕の勃起を見て欲しい…
性欲だけでこんなに勃起してるんじゃないんだ…
お姉さんが好きだから
お姉さんに初めての女性になって欲しい…
理性的な人からは、馬鹿げた想いだと言われるかも。
でも、頭の中はそんな感情が駆け巡っていました。

↑このページのトップヘ