大学の研究室の後輩。よくなついてくれてる娘で、俺も妹みたいにかわいがってた。 
ある時、研究室の飲み会のあと、なんか二人きりになった。 
「どっか次の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。 
冗談か本気かわからなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘のアパートへ。 
その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。

一次会の続きみたいな感じで研究室の話なんかしながら飲んでいた(俺だけ)。 
そのうちその娘が「ちょっと着替えてきます。覗いちゃだめですよ!」とか言いながら隣の部屋に行った。 
よっぽど覗いてやろうか、とも思ったんだが、ガマン。 
数分後、現われた彼女は、上はTシャツ、下はピンク色の短パンって姿だった。

その娘が数ヶ月前に彼氏と別れたことは知ってたんだが、あまりに妹的だったんで特にどうのこうのしようとは、その時まで思っていなかった。 
まあ女には見えなかった、というところか。 
しかし、その着替えてきた姿を見て、自分の中で、なんかパシって音が聞こえた。 
「こいつのからだ、こんなにエロかったっけ」 
普段はあんまり体の線の出る服なんか着てなかったし、なにより大学にいる時はほとんど白衣だ。 
おれは彼女の、白い脚に見とれていた。

そして、そのTシャツ短パンの姿で俺の隣に座って、烏龍茶を飲み始めた。 
俺は「警戒しとらんのか」と鬱になりかけた。ちょっと気を抜くと、彼女の真っ白な脚を凝視してしまう。 
それに気付くと「何見てんですか!」と冗談めかして怒られた。 
おまえ、理系童貞の前にその姿で現われておいて、「見るな」はないだろう。

その後、30分ぐらい飲んだだろうか。頭の中は、「肩を抱きたい」「キスしたい」「ついでに脚に触りたい」w という妄想で一杯だった。 
しかし理系童貞の悲しさ、どうすれば自然に肩を抱けるか、なんてわからない。悶々とする中、 妄想が口から溢れ出てしまった。 
「なあ」 
「なんですか」 
「肩抱いていいか?」 
彼女が吹き出した。それでもズリズリ俺の方に近寄って来た。 
おれは肩に手を回した。髪の毛からいいにおいがした。

キスをしようと顔を近づける。なぜか彼女が吹き出した。 
「なんで笑うんだよ」 
「だって○○さんのそんな顔初めて見たから」 
"初めて"ということばに童貞は敏感なんだよ! 
おれは「うるせえ」と言いながら、もう一回顔を近付けた。 
彼女が目を閉じた。唇を重ねた。 
ヒンヤリとした唇だった。ヤル前に別れた前カノ以来、3年ぶりぐらいのキスだった。 
二三回キスを繰り返しただろうか。 
それでも溢れ出る妄想は止まらない。 
「なあ、脚触っていいか?」これはマジで怒られた。

妄想が完遂できずにガックシきたが、それでも彼女が俺の腕の中にいることにはかわりない。 
何度かキスを繰り返しつつ、彼女が目を閉じているスキにそぉーっと脚に手を伸ばしてみる。 
ヒザの辺りに手が触れた。その瞬間、彼女が手で払いのける。 
脚触られるの、そんなにイヤなのか。 
俺は諦め、しかたなくw胸を触ってみた。