スペック
21歳、79キロ/167センチ

相手(楽器してるから唯ちゃんとする)
21歳、48キロ/149センチ、Aカップ

唯ちゃんとの最初の出会いは地方の中小企業の会社説明会にいった時。
唯ちゃんは電車ではす向かいに座っていた。
この時は時期も時期のうえ地方だから俺と同じA社の説明会にでるんだろうなぁと思った程度だった。

会場近くに早く着きすぎたため時間になるまでコンビニで時間を潰すことにした。
コンビニから出たら唯ちゃん発見。
俺は遅い時期まで就活をしている女の子は精神的にも弱っていて声をかければすぐ仲良くなれる事を知っていた。

しかしコミュ障の俺はなんと声をかければいいかわからない。
会場は目の前。
ここで声をかけられなかったら、唯ちゃんと話すこと無いんだろうなと思い旅の恥はかきすてだと、思い切って声をかけることにした。

「もしかしてA社の説明会うけますか?俺も受けるんだけど会場がわからなくて迷子になったんだ。」
と会社の目の前で話しかけた。
唯ちゃんは、同じ会社を受ける人がいたことが嬉しかったのか「目の前」とだけ言い残しスタスタあるいていった。

唯ちゃんが会場に入ったのを確認し俺も受け付けをすませ会場にはいった。
地方の中小企業なもんで受ける人も少なく、着た順で席に付く方式だったため席が隣になった。
そんなこんなで、唯ちゃんと雑談をして説明会が始まるのを待っていた。

説明会が終わると唯ちゃんは会場をそそくさと後にした。
俺はアドレス交換くらいしとけばよかったと後悔した。
しかし、神は俺を見放さなかった。
唯ちゃんは会場前で信号待ちをしていた。

で、電車でアドレス交換し、メールして、俺はその会社は不採用、唯ちゃんは採用なんらかんらで告白されて付き合った。
初めてのデートで思わせぶりな誘いを受け、のっかると撃沈。
しかし、俺の地元でのデートでキスに成功。

次に俺は手まんをしようと決意。
唯ちゃんはいろいろ奉仕はしてくれたがなかなか身体を触らさせてくれなかった。
考えた。
俺はその日からキスをする時唯ちゃんを俺の太ももの上にまたがらせた。
そしてキスの最中小刻みに動かした。
これは以前、女の子が小学生の頃鉄棒にまたがりオナヌーをしていたって言うのを思い出したからだ。