俺は幼稚園の頃から担任だったK子先生と仲良しで、
その妹(以下仮名でヒロミちゃんで行きます)とも当時から仲良しだった。

俺が14歳で中2の夏、1学期末試験を終えた僕は、
久しぶりにヒロミちゃんに誘われて近くのファミレスに食事に行った。

そのヒロミちゃんはK子先生同様の子供好きで、
俺より15歳も年上のスイミングインストラクター
(よって当時は29歳。未婚)である。

全く太ってはいないが、やや大柄なスポーツウーマンらしい体つきで
パッチリとした二重目蓋の大きめの瞳で、ちょっと長い睫毛。
前髪と下の先端がソバージュがかったロングヘアー。

しかし、この時ヒロミちゃんはひどく凹んでいた。
理由は長らくお付き合いしていた彼氏とケンカ別れしたからだと言う。

気丈なヒロミちゃんは、普段このように弱っている自分を
他人に見せることは今まで一度も無かった。

時折声をつまらせて半ベソをかきながらうなだれるヒロミちゃんを、
少しでも楽しませようと俺は悩みながらもあれこれ話題を振って慰めた。

「大の大人が失恋くらいでメソメソしちゃカッコ悪いよ!
きっと素敵な人が必ず現れるから泣かないでねヒロミちゃん!」
と励ました。クスリと笑って少し彼女も我に帰ったようだ。

そんなヒロミちゃんを見て、やはりいくら気の強い彼女も
やっぱり女なんだなぁとつくづく思い、かわいらしさを感じた。

そうして、ファミレスを出てからヒロミちゃんの車の中で引き続き
話しているうちに、話がだんだん恋の話からエッチな方に向かって行く…。

ある思い出話になった。
「ヒロミちゃん、あの時オレのチンポ見て触ったよね!?」
と俺はヒロミちゃんに興奮しながら聞いた。

と言うのも、俺が幼稚園当時にある日、K子先生宅に遊びに行った時に
ウンコを漏らししてしまい、大泣き!!

先生とヒロミちゃんで処理してくれて、ヒロミちゃんもにシャワーで
丹念に幼い象さんのお鼻のような俺のまだまだ皮被りで
先細ったチンポまで、やりきれない顔をしながらきっちりと
洗い流してくれた。

この思い出話にヒロミちゃんは恥ずかしがりながらの爆笑!!

「その俺君のチンポ、皮剥けたかい?」と聞かれて、
「うん!!」と自信満々に答える俺…。

だんだんムラムラとしてきた俺は我慢しきれずに
好奇心に任せてヒロミちゃんに必死で筆下ろしを
ストレートにお願いした。

ごろにゃんとした仕草でエロ話も交えながら、
引き続きお願いし続ける俺…。

(続きは下記のリンク先で)