2015年12月

俺は雄一、22歳の大学生。叔母の言いなりになってから丸6年になる。

この生活が始まったのは俺が高1、中堅商社に勤めている父親が母親を連れて北欧に転勤した時だった。

俺は当然単身赴任するものと思っていたが、父親の前任者が単身赴任で現地の女性とトラぶったとかで、会社から夫婦で行くように言われたらしい。

俺はこの頃父親と折り合いが悪く、また、有名進学校に入ったばかりだったので残ることにした。

一人暮らし希望だったが、こっちに残る条件が叔母(母の妹)のところに預けられることだった。

叔母はこのとき36歳。女にだらしなかった夫を追い出してバツイチ、ビジネススクールや学習塾の講師をやってるむちゃくちゃ気の強い女だ。

他人から見ると美人らしいが、この頃の俺は気が強く何かと小うるさい叔母が嫌いだったが、そんな叔母も同居し始めて二人きりになってみると予想に反して案外優しい。

俺の身の回りのことも行き届いてるし、母親みたいにつまらん干渉をしないのが心地良かった。

俺は開放感を楽しむ生活を送っていたが、講師という仕事柄学校の成績に関してだけは厳しかった。

でも俺もそのおかげで1学期はほどほどに良い成績で終えることができた。

夏休みは毎晩遅くまでテレビを見て毎日昼頃まで寝坊するだらしない生活を送っていたが、逆に叔母は学習塾の夏期講習やらなんやで忙しいらしく、毎日カリカリしていた。

ちょうど8月に入った頃、ある日曜日の昼頃のに俺を起こそうと叔母が部屋に入って来た。

(続きは下記のリンク先で)


私の初体験は4Pです。
まだ中1でした(笑)

同じクラスの男子3人と私一人です。
11月の始めで寒かったのを覚えています。

授業中、小さく折りたたんだノートの切れ端が回ってきました。
いわゆる回し手紙です。

あたりを見渡すと、2人の男子がニヤニヤしながらこっちを見ています。
休み時間によく話しているグループのKとTです。

なんだろうと思って見てみると、『胸触らせて』と書かれていました。
これだから男子は、と思いつつも少し妄想しちゃったりしてみたり。

あいているスペースに『なんでウチなの?』
と書いて隣の人に渡しました。

ぶっちゃけ私は自分に自信がありません。
貧乳だし・・・。中1の頃まだAカップでした。

するとまた紙が。『おまえエロいから』
エロいかぁ。

私はよく休み時間に男子と話していました。
中学生の男子といったらやっぱりそのような話がでます。

その話のなかによくわからない単語がありました。

私はわからないいままにしておきたくない性格なので、PCで単語調べます。
中だしやらクンニやら・・・

こんなことを話していたのか!なんて思いつつ興奮していました。

そうやってエロ単語を吸収していくうちに、
会話に混ざれるようになっていきました。

(続きは下記のリンク先で)

俺はちなみにクラスじゃあ目立たない方で、
よく話すのは正直三人くらい、女子は皆無。
放課後は速攻で帰ってエロゲとか勉強とか遊戯王とかやってた。

そんな俺が生まれて初めて合コンとやらに行くことになったのは、ほんの一週間前の話だ。

今現在、高2
身長167くらい 体重55? まあ普通の体型。

自分では10段階中6くらいの顔だと思ってるが、中学の時はジャニーズJrの森本?に似てるって言われたことがある。

クラスの中でもあんま話さない(話せない)リア充グループの中に、一人オタクが居たんだ。

一年の時は同じクラスで、掃除の時間とか理科の実験の時とか
二人の時は出席番号も近いせいもあってちょくちょく話したりしていた。

とりあえず、そいつはKとしよう。

Kのスペック

身長とかは俺と同じくらいで、顔はまぁ、イケメンだったと思う。
けいおんとか初音ミクとか言ってて、

にわか乙とか思ってたけど正直クラスでそんな話が出来るのはKだけだったから凄い嬉しかった。

合コンのきっかけとなったのはある日の昼休み、

いつものように弁当を昼休み前に片付けて、自分の席でPSPをやっていた俺の所に、KのグループのOが襲来したのだ。

確かその時俺は、遊戯王タッグフォースをやってた。
早く次作でラヴァル欲しいなぁとか思いながら、

そこで現れたOは、なんと俺に向かって話しかけてきたのだ。

はじめて付き合った彼女を寝取られ、それ以降付き合った彼女たちの事を100%信用する事ができずにいる。
もともとの自分自身の性格なんかと思ってたけど、
もしかしたら寝取られ経験がトラウマになってるのかも。。。

付き合い始めたのは当時俺が20才、元彼女(Y)が1つ下の19才。
俺は大学生でYは今で言うフリーター、バイトでの先輩後輩だった。
Yがバイトに入ってきて、1ヶ月もしないうちに2人で遊ぶようになり、
そのまた1ヶ月後にはもう付き合ってたと思う。
(もう10年以上前の話だから詳しく記憶していない) 

俺は中学高校と男子校だったのもあるし、初めて付き合った女の子だった。
容姿は今の夏川純に似てると思う。
タレントに似てるって書いてある時点で大抵『ああ、この話もネタか。。。』と俺なんかは思うんだけど、本当に夏川純に似てるかどうかは俺の主観だけど、かわいかったのは本当。
いまでも付き合ってきた女の子の中では一番かわいいと思う。

初めて付き合った、かわいい、この2点だけでも20のガキだと
『この娘と結婚するんだ!』と思わせるには十分じゃないでしょうか。
そう思っていました

恥ずかしいが、漏れは社会人になるまで童貞だった。 
女友達は結構いたが、女の子にしてみれば安全パイ扱いだったのかもしれない。 
仲は良かったが、所詮友達止まりだった。 

高校は田舎だったから、どんなに進んでる奴でもキスぐらいなもんだった。 
大学は女子が圧倒的に少なく、出会いが無かった。 
バイト先では良い感じになった女の子に告白したがフラれた。 

そんな訳で漏れの初体験は社会人になってから。 
会社の職員旅行の時だった。 

学生の時の様に女子社員とは友達として仲良くやってた。 
その中でも1人の女の子と、とても仲良くなった。 
一緒にお昼を食べたり、帰りにお茶して帰る仲だった。 
でも決して付き合ってる訳じゃなかった。 

彼女は明るくて、万人が可愛いという顔じゃないけど愛嬌が有った。 
漏れは彼氏がいるんだろうと思っていた。 

職員旅行の時期が近づくと、彼女が「一緒の班で行けたら良いね」と言ってくれた。 
複数の班に分かれて行くことになっていたから。 

漏れは都合でどうしてもこの班じゃないと行けないと、彼女と同じ班で希望を出した。 
別にエロいこと考えてた訳じゃない。 
彼女が一緒なら楽しいと純粋に思っただけ。 

そして旅行当日、漏れと彼女はバスでも食事の席でも常に隣だった。 
なんだか恋人みたいな気分だった。 
漏れはちょっと意識し出してた。 

↑このページのトップヘ