カテゴリ: 童貞と処女

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。 
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。 
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。 
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。

同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。 
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。

同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。 
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。 
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。 
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。

やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。 
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。 
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。 
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。 
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

私は彼にならヴァージンを捧げてもいいと考えた。それもきっとチェリーの彼なら彼に気付かれずにヴァージンと決別できるかもしれない。 
実は結構若い内から好きモノだった私。女同士では結構ヤバイ事まで経験していた。

中学高校と割と県大会とかでは強かったバレー部にいた私は、身体はやわらかい方。 
女子高なので、女同士では、男性からはきっと想像できない程きわどい行為もあった。 
オナニーも早い内に覚えていて、ある程度棒状のモノも入れたりしていたし、多少の出血もあり。 
最近では通販で買ったバイブも入れてみたりして、あり、それなりに耳年増な私には、おそらく処女膜には穴があいていて、オナニーやレズ行為のやりすぎでたぶんあまり痛くないだろうという予感もあった。

ある金曜日の食事会の帰り、お酒を飲んだ彼は会社に車を置いて、私が家に送ってあげる事になった。 
(というか、安全日だった私は、決心していて、そのように画策した。) 
彼はお酒の勢いでちょっと気が大きくなっているようだった。 
話はエッチな方向になって、彼は多少の経験があるような素振りで強がっていた。 
「A君、私なんて、どう?」 
「えっ! あ、わはは。Kさんそんな冗談。」 
私は、彼の声がちょっと上ずったのを聞き逃さなかった。

スペック
21歳、79キロ/167センチ

相手(楽器してるから唯ちゃんとする)
21歳、48キロ/149センチ、Aカップ

唯ちゃんとの最初の出会いは地方の中小企業の会社説明会にいった時。
唯ちゃんは電車ではす向かいに座っていた。
この時は時期も時期のうえ地方だから俺と同じA社の説明会にでるんだろうなぁと思った程度だった。

会場近くに早く着きすぎたため時間になるまでコンビニで時間を潰すことにした。
コンビニから出たら唯ちゃん発見。
俺は遅い時期まで就活をしている女の子は精神的にも弱っていて声をかければすぐ仲良くなれる事を知っていた。

しかしコミュ障の俺はなんと声をかければいいかわからない。
会場は目の前。
ここで声をかけられなかったら、唯ちゃんと話すこと無いんだろうなと思い旅の恥はかきすてだと、思い切って声をかけることにした。

「もしかしてA社の説明会うけますか?俺も受けるんだけど会場がわからなくて迷子になったんだ。」
と会社の目の前で話しかけた。
唯ちゃんは、同じ会社を受ける人がいたことが嬉しかったのか「目の前」とだけ言い残しスタスタあるいていった。

唯ちゃんが会場に入ったのを確認し俺も受け付けをすませ会場にはいった。
地方の中小企業なもんで受ける人も少なく、着た順で席に付く方式だったため席が隣になった。
そんなこんなで、唯ちゃんと雑談をして説明会が始まるのを待っていた。

説明会が終わると唯ちゃんは会場をそそくさと後にした。
俺はアドレス交換くらいしとけばよかったと後悔した。
しかし、神は俺を見放さなかった。
唯ちゃんは会場前で信号待ちをしていた。

で、電車でアドレス交換し、メールして、俺はその会社は不採用、唯ちゃんは採用なんらかんらで告白されて付き合った。
初めてのデートで思わせぶりな誘いを受け、のっかると撃沈。
しかし、俺の地元でのデートでキスに成功。

次に俺は手まんをしようと決意。
唯ちゃんはいろいろ奉仕はしてくれたがなかなか身体を触らさせてくれなかった。
考えた。
俺はその日からキスをする時唯ちゃんを俺の太ももの上にまたがらせた。
そしてキスの最中小刻みに動かした。
これは以前、女の子が小学生の頃鉄棒にまたがりオナヌーをしていたって言うのを思い出したからだ。

初めまして。私の初体験の時のことを書いてみたいと思います。

 高校までは実家にいたものの、大学に入ってはじめて親元を離れました。家では門限とかなんとか色々言われていたものの、外に出れば自由ですよね。 
 男友達の部屋で、夜遅くまでわいわいと皆して騒いでいたんですけれど、いつのまにか眠ってしまっていたらしくって。(しかも彼のベッドの上。) 
 気付いたら、真夜中。“私どこにいるんだろ??”ってしばらく考えました(笑 
 その上、驚いたことには、誰か他の人の気配が横にあるんです。驚きました、もちろん・・(^−^);

 すぐ友達だって分かったから怖くはなかったんですけれど。その時は眠かったから、その状況の不自然さもあまり気にしなかったのですが。 
(だって、いくら友達だからって、自分のベッドだからって、女の子の隣で一緒になって眠らないと思う。) 
 と、思ったら、いきなり話しかけてきて。好きだよ・・って。(ここらへんノロけになってますか?すいません。) 
 まぁ、友達だし嫌いじゃなかったし、即OKしました。それで、また2人ともすぐ寝ちゃって・・・。呑気なものです。

 こんな変な始まり方をしたものですから、最初っから一緒に寝るのが当たり前みたいになっていました。週末になれば、彼の部屋に泊まりにいくという・・。ちなみに、この頃まだキスもしていませんでした(笑 
 キスしたのはつきあって3週間目くらいだったかな。 
 お互い躊躇していたところもありました。特に彼が、私が嫌がることはしたくないんだ、と言ってくれていまして。隣に寝ていたって、一切触ってこなかったんです。 
 でも、だんだん距離が縮まっていって、腕を枕にして寝たりようにもなりました。

 そうなれば、やはり、というか・・触ってくるんですよね。パジャマの下で、胸揉んだり、背中に腕まわしてきたり。あ、下は拒否してました。恥ずかしいから。 
 で、その度に、まぁ勃ってるのがわかります。 
 私はこの時まで実物を見たことがなかったんです。それで、どうなってるのかな・・?って訊いたんです(笑 
 そうしたら、触ってみる? って。 
 断らなかった私って・・・。(好奇心が勝ったんでふ。)

 思ったより硬くって、熱かった、とでも言いましょうか。とにかく・・・、なんか不思議でした。・・うん。 
 そのうち、手でイカせてみようということになって。←半端じゃなく、すっごく時間かかりました。 
 で、次は口でしてくれるかと。←今も思うんですけれど、なんで口が先だったんだろう!? 普通・・逆なのでは。 
 苦いし、生ぬるいし・・・最悪でした。本当まずいっっ。あと口がすごく疲れた。下手だったから、かな。でも、彼が嬉しそうだったので、まぁ、いいか、と。

 この段階でも、まだ私は彼に自分の体全部を見せたことはありませんでした。 
 理由:恥ずかしいから。それだけ。本当に嫌だったんです・・T-T 
 でも、いつまでも・・っていうのも無理ですよね・・。

248 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/02/28(火) 01:16:23.45 ID:Nz8of+JwO [1/4]
初体験談
約8年前のちょいエロ体験いる?ちなみに♀です。
期待できる内容ではないかもしれません。

249 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/02/28(火) 03:02:01.73 ID:2g65ptnI0

いる!


250 名前:248[sage] 投稿日:2012/02/28(火) 21:02:10.39 ID:Nz8of+JwO [2/4]

>>249
ありがとう!
少しずつになりますが書いていきます。
免許を取りに合宿に行った時の話です。
合宿のお金は全部自分で払っていたし、アルバイトだったのでお金がなく1人部屋は高くて相部屋を選びました。
相部屋にどんな子が来るんだろうと思ってたらなんとものすごいギャル...
ギャルと関わった事がなかった為合宿初日からとても不安になりました。

251 名前:248[sage] 投稿日:2012/02/28(火) 22:07:48.42 ID:Nz8of+JwO [3/4]

ギャルはK子とします。
最初は話しづらかったけど何日も一緒にいるうちに普通に話せるようになりました。

うちらと同じ時期に入ってきた男の中にギャル男(K太)がいました。

ある日、K子が首にたくさんのキスマークをつけて部屋に戻ってきました。
「彼氏にバレないかな...」と言っていました。
相手は絶対K太だ。

252 名前:248[sage] 投稿日:2012/02/28(火) 23:37:05.57 ID:Nz8of+JwO [4/4]

でも、K太も相部屋だったはず...
その時はびっくりしすぎて疑問に思わなかった(笑)
数日後。K子がいきなり、「今日K太が部屋に泊まりにくるから。」と。
え?
急すぎて何も抵抗できず、しぶしぶ私はK太の部屋へ行った。
相部屋の子は、普通にかっこいい感じで、K太とは全然タイプが違う感じでした。
どうやらK太とは友達ではないらしく彼も急な事で戸惑っていて。
今後彼はS君とします。

253 名前:248[] 投稿日:2012/02/29(水) 21:50:11.39 ID:7cUhZ0YLO

誰も見てないみたい...


254 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 22:43:30.97 ID:hPQTBihtO

>>253
紫煙します


255 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 23:35:40.07 ID:upBnnGB4O

支援


257 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2012/03/02(金) 00:54:35.12 ID:olrx0v9m0

>>248
続きまだー??

263 名前:248[sage] 投稿日:2012/03/05(月) 21:40:51.81 ID:5OAsQ6PlO [1/2]

皆さんありがとう!
S君の部屋でたわいもない話をしてた。
色々聞き出した。
S君は私の1個下で、今まで1人としか付き合ったことなくて、イケメンなのにめちゃ硬派な感じで好感が持て色んな話ができました。

264 名前:248[sage] 投稿日:2012/03/05(月) 21:45:10.06 ID:5OAsQ6PlO [2/2]

そしてもう寝ようか、と事になり。
別々の布団に入りました。
寝ようとしたけどなかなか寝付けず...
S君も寝付けなかったみたいでまた少し話をしてました。
でもふいに寂しくなって...
「S君の布団に入ってもいい?」と聞いてみたら、うん。と横をあけてくれました。

高校3年のときに犯した過ちについての話です。

京都への修学旅行にて、ホテルで個室で寝るときに鍵を閉めるよう先生に指示されたが、うっかり忘れて眠ってしまった。 
ふと気がついて目を開けると、クラスメイトの晴香(仮名)と瑞美(仮名)が俺の部屋に入ってきていた。「急にどうしたの?」と言ったら、高校最後の思い出作りとして噂にされていた学校一の巨根の持ち主とセックスして処女を卒業したいとのこと。 
俺の通っている高校の偏差値は50台とあまり高くなく、正直お金さえ払えれば誰でも通えそうな所謂あまり出来の良くない坊ちゃんやお嬢様が通うような私立高校であった。そんな高校でトップクラスに巨乳美人なJKの二人が俺にセックスしたいと誘ってきたので、最初は夢なんじゃないかと疑った。  
小学生の頃からチンポが大きくいじめられていたこともあった自分は二十センチとなるデカチンをいつももてあまし、オナニーを繰り返してばっかりの日々であった。しかし今日、それも二人の可愛いJKに生でヤれるというのだ。 
いくらかの迷いはあったが、二人とセックスしたいという欲望を抑えきれなかった。 
服を脱いで全裸になっていた瑞美の巨乳をムギュっと揉んだり、すでにグジュグジュになっていたまんこを愛撫したりして前戯を終えた後、服を脱ぐとパンパンに膨らんでいた巨根がパンツに引っ掛かり、パンツがずり落ちたときにバチンと大きく反り返ってお腹を打った。  
それを隣で見てた晴香は「すご~い。お腹に張り付いてる。大きいし、すっごい堅そう・・・。」とつぶやいた。

↑このページのトップヘ