カテゴリ: 処女を奪う

僕は高校時代、部活動は弓道(わかりますよね?知らない人ゴメン)をやってました。 
なぜそんな物珍しい部活動に入ったのかというと、ある可愛い1コ上の先輩がいたから。 
その先輩(以後A先輩)はかわいいだけではなく、実力もあり、部内の人気No1でした。 
A先輩は小柄(150センチ)で、細身のはかなげな感じの体つきでしたが、 
弓を引いているときの凛とした表情と、普段見せる愛くるしい表情のギャップがたまりませんでした。 
そして何よりも、袴を帯でギュっとしめたときのウエストのくびれがハアハアものでした。 

実を言うとこの学校は弓道では県内有数の強豪校で、練習は辛かったです。 
A先輩は常に試合に出場するAチームのエースで、雑用ばかりの僕ら1年坊主からすれば雲の上の存在。 
僕は一念発起して、「俺も男子Aチームのエースになって、あの先輩を振り向かせるぜ!!」と邪念を燃やしました。 
今思うと自分でも不思議でしたが、それからの日々は朝6時に弓道場に向かい、HRが始まるまでひたすら自主練習。 
昼休みも弁当を3分で済ませてひたすら自主練習。放課後も夜9時まで練習三昧。 
そして僕は努力の甲斐あってついにAチームに選出!そのころからA先輩ともよく話すようになり、自主練を一緒にやったり、 
チーム内の人間関係や学校での他愛もない話で結構仲良くなりましたが、それ以上の関係には発展しそうでしない 
もどかしい日々が続きました。 

中略(1年後)。 

その日の放課後もいつもの様に自主練習をつづけていました。 
当然、A先輩は練習熱心ですから、僕から少し離れたところで練習しています。 
6時くらいでしょうか。ポツポツと雨が降ってきました。次第に雨足は強くなり、いよいよ本降りです。 
ほかの部員はみな慌てて帰り支度をして道場をとびだし、帰宅の途につきました。 
僕がほかの部員たちが道場を後にするのを見送って暫しその場でボーっと雨空を眺めていると、 
「みんな帰っちゃたね。」と可愛い声が僕のうしろから聞こえてきました。 
その場で世間話みたいなのを15分くらい続けていました。 
さらにA先輩は僕の背中をさすりながら、『○○(僕の名前)の背中すごくカタイね』 
「ああ、筋肉の事ですか?広背筋です。」僕は平静を装って答えました。 
「いつも頑張って練習してるもん、鍛えられるよね。引き締まっててカッコいい。」 

おおっ!これって脈ありか?「私なんか腕こんなんだよ。」A先輩は半袖の胴着の袖をまくり、 
綺麗な白い二の腕を出しました。「さわっていいですか?」そう言いながら僕は思わずその二の腕に触れてしまいました。 
プニュプニュとつきたての餅のように指に吸い付く肌に段々とぼくはムラムラしてきました。 
A先輩は嫌がりもせず潤んだ目で僕を見つめています。 
そのまま5分位無言で経過。広い道場には屋根を打つ雨の音だけが響いていました。 
僕は先輩に今までの想いを伝えるチャンスとみて声を出そうとした瞬間、 
ほっぺたを真っ赤に染めた先輩が「○○のこと、ずっと好きだった。引退するまでにいわなきゃって思ってたんだけど・・・」と電撃告白! 
うえええええええええええええええええ!まじかよ!!!!!!!!!!!!! 
心の中の僕は小さなガッツポーズを100回位してました。 

(続きは下記のリンク先で)

大学時代の話なんだけど。

学生寮って言うか住んでるのが全員うちの大学っていうアパートがあった。
学生課で紹介してる所で、正式な寮じゃなくて大学から近いアパート。
コーポ山田なんていう名前からしていい加減な場所だった。

ぼろかったけど学生用だから気軽で、しかも家賃は3万ちょっとときてる。
あんまり勧誘なんかもうるさくないし、なによりあんまりうるさい奴も周囲にいなかった。

だから俺は地方から出てきた大学入学の時に入って、結局博士号を取って卒業するまでそこにいた。
8年かな?随分いたことになるな。

学生生活といえば俺はあんまり遊ぶタイプじゃなかったから
大学4年で研究室に入るまで真面目に勉強とバイトに打ち込んでた。
ちょっと映画に付き合うような女の子位はいたけど。
だから成績は良くて、一番希望していた研究室に入れた。
っていきなり書き出しちゃったけど良いかな?まあいいや。


研究室は同じように成績のいい奴らが集まってたけど上手い事遊んでても成績が良い奴なんかもいて
あんまり学生っぽくない自分に少しコンプレックスを感じたりもした。
なんて言ったって俺は映画とバイトの後に漫画を買ってくるくらいが趣味だったから。

まあそんなこんなで大学4年の卒論まではなんて事無く研究して、上手い事卒業する奴は卒業して就職していった。
俺は少しやりたい事があったから大学院に入って研究室に残った。
こんな時代だから親は就職しろなんて言ったけど、学費はなんとかバイトで賄える目途は立ってたし、
奨学金とかもあるしね。何よりも研究は面白かったから。

調度、大学院に入ったそんな時に留学生が来るって話を助手の先生から聞いた。

留学生なんて大抵はデブの台湾人か痩せてる中国人かいまいちどこ見てるかわからないインド人位だろうなんて思ってたから、正直「面倒くさいな」くらいにしか思わなかった。
4年生に留学生の相手はさせられないし、多分面倒くさい事は俺の役目になるからな。

でも初めて助教授と助手の先生が連れてきた留学生を見て驚いた。
国籍がアメリカだったって事もある。有名な大学からだって事もある。
確かに有名な大学からで、教授はにこたらしてたけど。
驚いたのはこの分野にしては珍しい女の子で、しかも見たこともねえブロンドだったからだった。
ブロンドの髪の毛なんて映画でしか見たことなかった。
顔つきも美人で、凄く頭も良さそうだったし。

でもここまで違うと下品な考えなんかは出て来ない。
4年生と一緒になって口あけてうおーーすげーーーと思ってて、
英語しか使えなくて日本語勉強中だからできるだけ英語で説明してあげるようにって聞いてやっぱり面倒くさいな、と思った。

まだ仕事始めて数年の頃。 
花見やら温泉ツアーやら、色んなイベントの企画が好きな上司がいて、交流が多い職場だった。 
若手だったこともあり、準備や後片づけや、場の盛り上げなど、今ではあんまりやらないような事もよくしてた。 
新人の女の子で、それをよくサポートしてくれたりする子がいた。職場ではあまり接触がなく、ちょっとカワイイなと思う程度だったが、気が利く良い子だなーと思うようになった。 
 
その頃、俺は社内の違う部署に彼女がおり、婚約したかしないかという時期だった。 
ある日、その子(アユちゃんとでもしておこう)から相談を持ちかけられた。俺の同僚からアタックを受けていて、どうしようか考えている、というような内容だった。 
メールや電話をポツポツとやり合う関係になったが、俺の状況も理解してか、彼女に誤解されるようなことにならないように、という遠慮もいつも感じた。 

アユちゃんは20代前半で、細身。目は大きいがサッパリ?あっさり?とした顔つき。喩えるとイメージにも影響するので、個人で膨らませて下さい。 
先程の恋愛相談は続いていたが、男の押しに負けて付き合おうか考えたが、結局好きになれそうもなく、止めたという結末だった。 
その件が一段落した頃に、相談ありがとうございましたみたいな感じで、飲みに行く事に。二人きりはマズイかなと思っていたが、やはり気を遣って友人を連れてくるという事になった。 

半個室みたいな感じになっている飲み屋で、俺とアユちゃんと友人の三人で楽しく飲んだ。 
アユちゃんはかなり飲んでおり、いつもよりも陽気になっていた。テーブルの下は掘りごたつみたいになっていて、向かい合わせに座っていた俺とアユちゃんの足がたまに触れ合う。 
俺は酒が入ると、身持ちを崩してしまうタイプで、すでに頭の中ではかなりエロい事を考え始めていた。 

友人の女の子は終電とか何とかで、先に帰ってしまい、俺とアユちゃんだけでゆったりと飲み続けた。 
テーブルの下では足が絡み合い、お互いスリスリしたりしている。これは、いってしまっても良いものだろうか?わずかに残る理性と、アユちゃんの気持ちの確証が無い事が、辛うじて俺を抑えていた。 
しかし、ゆっくりこうして向かい合うとカワイイ。理性が崩壊しかけていた俺は、エロトークにまず話を持って行った。ここで、驚愕の事実が明らかになる。 
アユちゃんはまだ男性経験はおろか、付き合った事すらなかったのだ。会社の男性陣からも割りと人気があり、もちろんデブ・ブス・ダサいなどの要素はない。だが、相談の経緯から男慣れしていない感じはわかり、言われて見るとなんとなくわかるような気もした。 
そして、その事をアユちゃん自身は「男の人って、そーゆーの面倒なんじゃないですか?」などと気になっている様子だった。 
 
(続きは下記のリンク先で)

会社に新入社員が入ってきて、マンツーマン研修という社内制度で
4大卒のお嬢さんっぽいI子を担当する事になった。

物覚えが悪い子で、勤務中何度も失敗をして落ち込んでいたので
他のグループも誘って飲み会に誘った。
飲み会では和気藹々となって、やがてエロ話で盛り上がった。
遂には早く処女捨てたいなんて言い出して、
こりゃ食えるなと思った。

その帰り、終電を逃したので歩いて帰るわと、分かれてしばらくしたらI子が追って来て、ウチに泊まって行けと言う。
これはOKだなと思って家に上げてもらったら、すぐに寝付いてしまいガッカリ。
寝相が悪くてM字開脚になってるので、パンツの股の部分をズラしてみると
タンポンが収まっていたので、それを見ながらオナニーして寝た。

翌朝、目を覚ますとI子は浴室でシャワーを浴びていた。
俺は朝立ちでビンビン、これは行くしかないと全裸になって襲い掛かった。
お嬢なためか抵抗はするものの叫び声は上げず、バスマットの上に押し倒して膣に中指を差し込んで
「処女もらったよ、もうあきらめてね」と言ったら抵抗が止んだ。

「あの子だ‥」
横浜から東京行きの満員電車に乗ると俺の前に窓の外を向いて立っている清楚な女子大生風の女性がいた。
彼女は昨日もこの電車で見かけた。品川駅で下車し山手線の外回りに乗り換え五反田で降りたのでおそらくS女子大に通っているのではないかと思った。
彼女は白い薄手のブラウスに紺のフレアスカート姿といった清楚な服装で身長は155cmくらい。
乳房は良い形に隆起しウエストは細くお尻はやや大き目でとてもそそられる体つきだ。スリーサイズは84-56-88といった感じ。

フレアスカートから覗いているストッキングを履いていない生脚のふくらはぎや締まった足首の白い肌が艶めかしい。
髪は後ろで結ばれていて顔やうなじも抜けるように白い。
「今時こんな清楚な雰囲気の子がいるとは‥」
無性に抱き締め手ごめにしたくなるような雰囲気の彼女を見てるだけで俺の股間は既に勃起し膨らんでいた。
まず様子を見ようと勃起して膨らんだ股間を彼女のお尻にそっと押し当ててみた。嫌がる様子はまだ無い。

彼女のお尻はとてもふっくらした感触で気持ちが良い。これだけで俺のペニスはもうビンビンに怒張していた。
俺はもう少し強く股間を尻に押し付けてみた。
彼女は少し表情を固くしたようだったが特に抵抗はしなかった。
「これはいけそうだ」と思った俺は彼女の腰を軽く抱いてみた。
彼女は少しピクッと反応したが努めて平静を装い固い表情のまま外を見つめていた。
俺はさらに尻や腰全体をなでまわし両手でしっかり腰を抱き寄せ固く膨らんだ股間をグイグイと尻の谷間にめり込ませた。

(続きは下記のリンク先で)

↑このページのトップヘ