カテゴリ: 童貞がはじめて

518 名前:名無しさん@入浴中[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 20:11:48.81 ID:udIcce+S0 [1/5]
卒業してきたのでレポってみる

高級店で時間は短すぎず長すぎず、
下調べして嬢をちゃんと選んで予約して行くべし、
ってのがここの童卒のススメだってのは分かってたんだけど、
自分の中で、別に童貞なんて大事に守ってきたモンでもないし、
フラっと軽い感じで捨てたいという考えがあったので、
40分1.5万の大衆店、予約なしのフリーで行ってみた

ちなみに25歳の年齢=彼女いない歴、
風俗経験は手コキ店数回ピンサロ数回ヘルス1回と、
無いわけじゃないが、6年ぐらいでこの回数なので、
慣れてるってこともなく相変わらずのド緊張で、
店の前に来たがまず店の前を通りすぎてみたりw
意を決して入店して予約無しであることを告げると、
30分ぐらいの待ちで入れる子を4人紹介される
緊張のせいでちゃんと比べる余裕もなく、
当然店員に聞けるわけもなく、
なんとなくパッと見の印象で選んでみたが、
選んだ直後、それ以外の子には「ラブラブプレイ」
みたいなコメントが書いてあったことに気付き軽く後悔する...
まぁ結果的にコレは対して問題なかったんだけど


519 名前:名無しさん@入浴中[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 20:18:28.24 ID:udIcce+S0 [2/5]

フリーで行くつもりの人に助言してみると、緊張すると思うんで、
なんとなくでも事前に選ぶポイント決めとくべきだと思う
俺は顔で決める!とか、なにより胸の大きい子!みたいな。
何も考えてないと、誰選んでいいか分からなくなる

聞いてた時間から15分ぐらい遅れて案内。
丁寧に謝罪があったので、そこそこ良い店だったと思う、
受付の雰囲気もよかったしいざ嬢と対面、
この瞬間が一番緊張する...
スラっとしててちょいギャルっぽい雰囲気、
特別可愛い!って感じでもないが、ルックスは文句無し
入室してまず部屋の広さに驚く、嬢にそう言ってみたら、
高級店じゃないのにこの広さは珍しいという話を聞く、
やっぱ良い店だったかも
自分でも明らかにギクシャクしてるのが分かったので、
とりあえずソープ初めてであることを告げる
軽く話しつつ、なんなら隠せるトコまで隠してみようかとも思ったんだけど、
間が持たずに直ぐに童貞であることも告げる
緊張しまくってたからバレてた?と聞いてみたら、
もしかしたらそうかも?と思った、と言われたw
そこから童貞はよく来るのかーみたいな話をちらほら聞いてみたり。
嬢の童貞体験談面白い


521 名前:名無しさん@入浴中[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 20:25:07.51 ID:udIcce+S0 [3/5]

プレイ開始。
体を洗ってもらうが、AVとかで見たことのあるソープ独特の洗い方、
みたいなのは無かったな
手でざっと全身を洗って、少し体を密着させたぐらい
そして風呂へ。
ここも長いコースなら色んなプレイがあったのかもしれないが、
5分ぐらいフェラしてもらってベッドへ

俺は幼稚園の頃から担任だったK子先生と仲良しで、
その妹(以下仮名でヒロミちゃんで行きます)とも当時から仲良しだった。

俺が14歳で中2の夏、1学期末試験を終えた僕は、
久しぶりにヒロミちゃんに誘われて近くのファミレスに食事に行った。

そのヒロミちゃんはK子先生同様の子供好きで、
俺より15歳も年上のスイミングインストラクター
(よって当時は29歳。未婚)である。

全く太ってはいないが、やや大柄なスポーツウーマンらしい体つきで
パッチリとした二重目蓋の大きめの瞳で、ちょっと長い睫毛。
前髪と下の先端がソバージュがかったロングヘアー。

しかし、この時ヒロミちゃんはひどく凹んでいた。
理由は長らくお付き合いしていた彼氏とケンカ別れしたからだと言う。

気丈なヒロミちゃんは、普段このように弱っている自分を
他人に見せることは今まで一度も無かった。

時折声をつまらせて半ベソをかきながらうなだれるヒロミちゃんを、
少しでも楽しませようと俺は悩みながらもあれこれ話題を振って慰めた。

「大の大人が失恋くらいでメソメソしちゃカッコ悪いよ!
きっと素敵な人が必ず現れるから泣かないでねヒロミちゃん!」
と励ました。クスリと笑って少し彼女も我に帰ったようだ。

そんなヒロミちゃんを見て、やはりいくら気の強い彼女も
やっぱり女なんだなぁとつくづく思い、かわいらしさを感じた。

そうして、ファミレスを出てからヒロミちゃんの車の中で引き続き
話しているうちに、話がだんだん恋の話からエッチな方に向かって行く…。

ある思い出話になった。
「ヒロミちゃん、あの時オレのチンポ見て触ったよね!?」
と俺はヒロミちゃんに興奮しながら聞いた。

と言うのも、俺が幼稚園当時にある日、K子先生宅に遊びに行った時に
ウンコを漏らししてしまい、大泣き!!

先生とヒロミちゃんで処理してくれて、ヒロミちゃんもにシャワーで
丹念に幼い象さんのお鼻のような俺のまだまだ皮被りで
先細ったチンポまで、やりきれない顔をしながらきっちりと
洗い流してくれた。

この思い出話にヒロミちゃんは恥ずかしがりながらの爆笑!!

「その俺君のチンポ、皮剥けたかい?」と聞かれて、
「うん!!」と自信満々に答える俺…。

だんだんムラムラとしてきた俺は我慢しきれずに
好奇心に任せてヒロミちゃんに必死で筆下ろしを
ストレートにお願いした。

ごろにゃんとした仕草でエロ話も交えながら、
引き続きお願いし続ける俺…。

(続きは下記のリンク先で)

大学の研究室の後輩。よくなついてくれてる娘で、俺も妹みたいにかわいがってた。 
ある時、研究室の飲み会のあと、なんか二人きりになった。 
「どっか次の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。 
冗談か本気かわからなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘のアパートへ。 
その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。

一次会の続きみたいな感じで研究室の話なんかしながら飲んでいた(俺だけ)。 
そのうちその娘が「ちょっと着替えてきます。覗いちゃだめですよ!」とか言いながら隣の部屋に行った。 
よっぽど覗いてやろうか、とも思ったんだが、ガマン。 
数分後、現われた彼女は、上はTシャツ、下はピンク色の短パンって姿だった。

その娘が数ヶ月前に彼氏と別れたことは知ってたんだが、あまりに妹的だったんで特にどうのこうのしようとは、その時まで思っていなかった。 
まあ女には見えなかった、というところか。 
しかし、その着替えてきた姿を見て、自分の中で、なんかパシって音が聞こえた。 
「こいつのからだ、こんなにエロかったっけ」 
普段はあんまり体の線の出る服なんか着てなかったし、なにより大学にいる時はほとんど白衣だ。 
おれは彼女の、白い脚に見とれていた。

そして、そのTシャツ短パンの姿で俺の隣に座って、烏龍茶を飲み始めた。 
俺は「警戒しとらんのか」と鬱になりかけた。ちょっと気を抜くと、彼女の真っ白な脚を凝視してしまう。 
それに気付くと「何見てんですか!」と冗談めかして怒られた。 
おまえ、理系童貞の前にその姿で現われておいて、「見るな」はないだろう。

その後、30分ぐらい飲んだだろうか。頭の中は、「肩を抱きたい」「キスしたい」「ついでに脚に触りたい」w という妄想で一杯だった。 
しかし理系童貞の悲しさ、どうすれば自然に肩を抱けるか、なんてわからない。悶々とする中、 妄想が口から溢れ出てしまった。 
「なあ」 
「なんですか」 
「肩抱いていいか?」 
彼女が吹き出した。それでもズリズリ俺の方に近寄って来た。 
おれは肩に手を回した。髪の毛からいいにおいがした。

キスをしようと顔を近づける。なぜか彼女が吹き出した。 
「なんで笑うんだよ」 
「だって○○さんのそんな顔初めて見たから」 
"初めて"ということばに童貞は敏感なんだよ! 
おれは「うるせえ」と言いながら、もう一回顔を近付けた。 
彼女が目を閉じた。唇を重ねた。 
ヒンヤリとした唇だった。ヤル前に別れた前カノ以来、3年ぶりぐらいのキスだった。 
二三回キスを繰り返しただろうか。 
それでも溢れ出る妄想は止まらない。 
「なあ、脚触っていいか?」これはマジで怒られた。

妄想が完遂できずにガックシきたが、それでも彼女が俺の腕の中にいることにはかわりない。 
何度かキスを繰り返しつつ、彼女が目を閉じているスキにそぉーっと脚に手を伸ばしてみる。 
ヒザの辺りに手が触れた。その瞬間、彼女が手で払いのける。 
脚触られるの、そんなにイヤなのか。 
俺は諦め、しかたなくw胸を触ってみた。 

僕は中学の頃からテニスをしていて、高校1年の時に昔通ってたテニススクールに顔を出してちょっとだけ練習の手伝いをしてました。

当時は夏休みだったんですが、平日の昼間という事で女の人がほとんどでした。

大体20代半ばから40前の人が多かったんですが、28歳の女性に

「どうしても教えてほしい」

と言われ、あまり上手くないみたいなので隅の方で1対1で教えていました。

いつの間にか2人で練習するようになりました。

その人はTシャツにスコートという、スクールでは結構色っぽい服装をする人でした。

スクールって結構運動着っていう人が多かったんですが。

ある日、練習の合間の休憩中に2人で話をしてた時です。

彼女はそこそこ可愛い女性で、胸が大きいんです。

悪戯っぽく、

「君、時々チラチラ私の胸見てるでしょう?怒らないから正直に言いなさい」

僕は戸惑いながら、

「なんていうか、すっごく大きいんで」

「もう高校生だもん。女の体に興味あるわよね。そうだ。今日の練習が終わったらうちに来て。いつも教えてもらってるからお礼しなくちゃ」

僕は遠慮したんですが、

「いいの。昼間は私いつも1人だから」

彼女に押し切られるカタチで、彼女のBMWで家まで乗せていってもらいました。

(続きは下記のリンク先で)

10年くらい前の話で恐縮ですが、初体験の思い出です。 
当時、就職したばかりの時で、女性経験もない童貞でした。 
23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性(あかりさん)から「誕生日のプレゼント何がいい?」と聞かれたので、ふざけて「彼女が欲しい」」と答えると、肩を叩いて大笑いしました。 
いつもは優しい先輩でしたが、それから数日の間、ずっと僕を無視するような感じでした。 
それで当日になって、「お昼休みに屋上で」というメモを渡されました。 
食事を早々に切り上げて大急ぎで屋上に行くと、ドアの前の踊り場のところにあかりさんがいました。 
あかりさんは、「はい」と言ってリボンの付いた小さな箱を渡してくれましたが、ン僕はガマンできなくて抱き付いてしまいました。 
キスの経験すらなかった僕は、ディープキスというのがどういうものかわからなかったのですが、あかりさんの唇に押し付けるようにしました。 
あかりさんは、嫌がらずに僕の唇を受け入れて、舌を差し入れてきました。 
僕は、あかりさんの舌の動きに合わせるようにしました。 
あかりさんの首筋辺りから香ってくる匂いと、柔らかい唇の感触と、初めてのキスの興奮と快感で、僕のアソコは鉄の塊のように固くなってきました。 
僕は、あかりさんをきつく抱きしめるようにして下腹部にグイグイと押し付けました。 
擦れたり、押し付けたりする感触だけで、発射してしまいそうなくらいでした。 
そんな僕に抵抗もしないで、キスなどに応えてくれたあかりさんに対して、思い切って柔らかそうなおっぱいを制服の上から揉みました。 

(続きは下記のリンク先で)

↑このページのトップヘ