タグ:女子大学生

チョイブサメンの私が、昨晩、道程を卒業してまいりました。
ここにたどり着くまでのその長く、永遠にも思えた旅路の記録をここに遺しておきたくてスレを立てた次第であります。
よろしければ、お耳を貸していただけると嬉しいです。

まず僕
173 ホリケンから愛嬌を取り上げたような顔
会社員1年目

ブッサ!というほどではないが良く言って中の下、悪く言えば下の上くらいの俺は大学時代からもてることはなかった。
告白されたこともないことはないが、特にかわいくもない好きでもない子からだったので、断った。
まあ1回しかないんだけどね

そんな俺が卒業できたので、ブサメンすぎるわけではないのに童貞というやつがいたら参考にしてほしい

まず、俺は4月、るんるん新入社員となり会社勤めを始めた
しかし、毎日9時を過ぎる退社・・・ヘタレナ俺は一週間目にしてモー疲れた降参だとなっていた

唯一の楽しみは、会社の近くの本屋さんで漫画を買って家で風呂に入りながら読むことだった

俺はその本屋さんで天使を見つけた

天使
155くらい 華奢でいつも後ろで髪を束ねている
かわいいいいいいい たまにメガネしてる
天使は女子大生ちゃん!21歳!

天使は本屋でバイトしていた
俺は毎日会社帰りに本屋によって天使を眺めていた
天使はたまにレジを打ってくれたりもしたので、俺は天使から受け取ったおつりは財布に入れず大事に持って帰り、ブレンディーの空瓶に貯めた

でも俺は遠くから見つめるばかりで、何のアクションも起こせずにいた

俺は隣に住む幼馴染の女ニートに相談することにした

女ニート
小学生の時からの付き合い
いつからかニートになっており、俺の愚痴を聞いてくれる優しいニート
チョイポチャ 痩せればかわいい

俺は小さいころからこいつの家に上がりこんでいるので、おじさんおばさんも俺がこいつの部屋に入ったくらいでは何も怪しまないんだ

チースとか言いながら俺はこのことを相談
どうにかしたい、でも話しかけられない、俺が話しかけたらキモいんじゃなかろうか
など

女ニートは俺にこう助言を与えた
「本屋の店員ならおすすめを聞け。そこから「これ読んでるんですかー」などと話は弾むはずだ」

俺はそれはいいと膝を打った

このころでは天使のシフトを把握していた俺は、天使が確実にいるであろう日にブレスケアを食べ本屋へ向かった

ちなみに俺はいつも天使がレジの時は見栄を張って、三島由紀夫だの太宰治だのの文庫本を買っていた
大体400~500円くらいで買えるしインテリジェンスもアピールできていると思っていたのだ
もちろん俺は読んだことはない
かわりに暇な女ニートが読み、どんどん文学通になっている

天使はちょうど少年マンガコーナーでせっせと本を並べていたので、しめた!と思い俺は声をかけた

「あの。おすすめとかないですか?」

わたしはずっと真面目で地味な女の子でした。遊びとかも知らないし、男性とお付き合いしたこともありません。もちろん処女です。 
 ていうかキスの経験もないんです。 
 お酒を飲んだのも大学に入って、クラブの新歓コンパが初めてだったんです。

 そんなわたしの秘密は、左足の太腿の付け根、内側にちいさなチョウテョの刺青があることです。親元を離れて下宿生活を始めてから、すぐに彫りました。ささやかな反抗だったんです。だって、同級生たちの話をきいてると、わたしって本当にいままで真面目なだけで、なんにもなかったから。髪もそめて、お化粧も少しだけ派手にして。服もかわいいのや色っぽいのやらを買い揃えました。 
 家はわりと裕福なので、仕送りはそこそこあるんです。わたしは大学生になったので、自分でバイトして遊ぶお金くらいは稼ぐつもりだったんですが。

 で、コンパです。 
 お酒にはわりと強いみたいです。自分がどれくらいのめるかもわからないので、イイカッコしてすすめられるままにグイグイやってました。ちょっと気持ちよくなってきました。 
 女性の先輩にとめられたんですが、「このくらい大丈夫です」って言っちゃったもんだから、みんなが面白がって「かずこ、潰しちゃえ」とかって、どんどん飲ませられました。 
 気がついたら、グラングランになってたんだけど、正常な判断力を失ってるなんてこと本人にはわからないですよね。わたしは調子にのって、チョウチョを見せてしまったんです。

「あの子だ‥」
横浜から東京行きの満員電車に乗ると俺の前に窓の外を向いて立っている清楚な女子大生風の女性がいた。
彼女は昨日もこの電車で見かけた。品川駅で下車し山手線の外回りに乗り換え五反田で降りたのでおそらくS女子大に通っているのではないかと思った。
彼女は白い薄手のブラウスに紺のフレアスカート姿といった清楚な服装で身長は155cmくらい。
乳房は良い形に隆起しウエストは細くお尻はやや大き目でとてもそそられる体つきだ。スリーサイズは84-56-88といった感じ。

フレアスカートから覗いているストッキングを履いていない生脚のふくらはぎや締まった足首の白い肌が艶めかしい。
髪は後ろで結ばれていて顔やうなじも抜けるように白い。
「今時こんな清楚な雰囲気の子がいるとは‥」
無性に抱き締め手ごめにしたくなるような雰囲気の彼女を見てるだけで俺の股間は既に勃起し膨らんでいた。
まず様子を見ようと勃起して膨らんだ股間を彼女のお尻にそっと押し当ててみた。嫌がる様子はまだ無い。

彼女のお尻はとてもふっくらした感触で気持ちが良い。これだけで俺のペニスはもうビンビンに怒張していた。
俺はもう少し強く股間を尻に押し付けてみた。
彼女は少し表情を固くしたようだったが特に抵抗はしなかった。
「これはいけそうだ」と思った俺は彼女の腰を軽く抱いてみた。
彼女は少しピクッと反応したが努めて平静を装い固い表情のまま外を見つめていた。
俺はさらに尻や腰全体をなでまわし両手でしっかり腰を抱き寄せ固く膨らんだ股間をグイグイと尻の谷間にめり込ませた。

(続きは下記のリンク先で)

交際歴5年。大学卒業目前にして彼と初めてお泊まりしました。 
とはいっても 
3対3で行ったグループでの卒業旅行ですけど…。 
部屋は一つ。 
夕食後、私達以外の4人がそれぞれ春の夜長とか行って夜の繁華街に出て行った為 
気づけば彼と2人きりに。

緊張して窓の外のタヌキ親子を見ながら 
話題をそらしてたら 
突然後ろから抱きしめられて 
「もっと○○の色んな顔が見たい。 
…嫌だったら嫌でいい。 
これで我慢するから 」

と、いつもより低めの声で言われドキドキ。


沈黙。 
グループでの泊まりということもあって 
まさかの展開に 
処女の私は心の準備が出来てなく 
どうにか傷つけない 
断る言葉を必死に 
探していたけど

以前、彼が周りに 
なぜエッチしないか 
と聞かれ 「そりゃしたいけど、 
まだあいつの想いの方が強いから嫌だ。 
俺のが好きを上回ったら無理矢理にでもする」って言っていたことを思い出して 
(高校時代ブスな私の猛アタックの末の交際ですw)

何か全身の力が抜けるような感じになって 
気づいたら 

忘れられないのは、今の彼に私が処女を奪われた日のSEXです。

その日は私と彼が付き合って5日目でした。 
彼と最初の夜デートにドライブしにいき、港の駐車場で話していたとき私に、「いきなりこんな話ゴメンだけど、…したことある?」と聞いてきました。 
私は驚いて彼の顔をみると、ハンドルにもたれて私の顔をのぞきこんでいました。

私は唐突な質問に黙りこんでしまいました。 
彼は私の頭を軽く撫でながら、「ゴメンゴメン、分かった(^_^;)」と言いました。 
「じゃあ、お前のはじめての相手は俺でもいいかな……?」といいました。 
その声は優しくいつもより低いトーンでやけにセクシーに聞こえました。 
私はこの時、心の中で初めての不安と、好きな人と体も結ばれる嬉しさの葛藤で、微妙な顔をしていたとおもいます。

彼は「初めてはどこがいい?」と聞いてきました。 
私は「(彼の)部屋がいい」と言いました。 
恥ずかしくて車から降りようかと思ったくらいです。 
今おもえば、初めての頃ってちょっとしたことにも馬鹿みたいに反応しちゃって、自分ながらアホだとおもいます。

結局その日は何もなかったのですが、今度会ったとき挑戦してみるという約束をして終わりました。 
それから4日後、彼が名古屋に買い物にいくからついてきてほしいと言うので、昼から名古屋に買い物にいってきました。 
買い物をすませるとすでに夕方になって、夕食を済ませて地元に帰ることにしました。

信号待ちの時に、彼が今からどうする?と聞いてきました。 
私は先日の約束を思いだし、ドキッとしました。 
彼は「俺んち、くる?」と聞いてきたので、私はうつ向いたまま頷きました。 
「じゃ、決定ー」と言うと、彼は車をはしらせました。

↑このページのトップヘ