タグ:女子高校生

僕は高校時代、部活動は弓道(わかりますよね?知らない人ゴメン)をやってました。 
なぜそんな物珍しい部活動に入ったのかというと、ある可愛い1コ上の先輩がいたから。 
その先輩(以後A先輩)はかわいいだけではなく、実力もあり、部内の人気No1でした。 
A先輩は小柄(150センチ)で、細身のはかなげな感じの体つきでしたが、 
弓を引いているときの凛とした表情と、普段見せる愛くるしい表情のギャップがたまりませんでした。 
そして何よりも、袴を帯でギュっとしめたときのウエストのくびれがハアハアものでした。 

実を言うとこの学校は弓道では県内有数の強豪校で、練習は辛かったです。 
A先輩は常に試合に出場するAチームのエースで、雑用ばかりの僕ら1年坊主からすれば雲の上の存在。 
僕は一念発起して、「俺も男子Aチームのエースになって、あの先輩を振り向かせるぜ!!」と邪念を燃やしました。 
今思うと自分でも不思議でしたが、それからの日々は朝6時に弓道場に向かい、HRが始まるまでひたすら自主練習。 
昼休みも弁当を3分で済ませてひたすら自主練習。放課後も夜9時まで練習三昧。 
そして僕は努力の甲斐あってついにAチームに選出!そのころからA先輩ともよく話すようになり、自主練を一緒にやったり、 
チーム内の人間関係や学校での他愛もない話で結構仲良くなりましたが、それ以上の関係には発展しそうでしない 
もどかしい日々が続きました。 

中略(1年後)。 

その日の放課後もいつもの様に自主練習をつづけていました。 
当然、A先輩は練習熱心ですから、僕から少し離れたところで練習しています。 
6時くらいでしょうか。ポツポツと雨が降ってきました。次第に雨足は強くなり、いよいよ本降りです。 
ほかの部員はみな慌てて帰り支度をして道場をとびだし、帰宅の途につきました。 
僕がほかの部員たちが道場を後にするのを見送って暫しその場でボーっと雨空を眺めていると、 
「みんな帰っちゃたね。」と可愛い声が僕のうしろから聞こえてきました。 
その場で世間話みたいなのを15分くらい続けていました。 
さらにA先輩は僕の背中をさすりながら、『○○(僕の名前)の背中すごくカタイね』 
「ああ、筋肉の事ですか?広背筋です。」僕は平静を装って答えました。 
「いつも頑張って練習してるもん、鍛えられるよね。引き締まっててカッコいい。」 

おおっ!これって脈ありか?「私なんか腕こんなんだよ。」A先輩は半袖の胴着の袖をまくり、 
綺麗な白い二の腕を出しました。「さわっていいですか?」そう言いながら僕は思わずその二の腕に触れてしまいました。 
プニュプニュとつきたての餅のように指に吸い付く肌に段々とぼくはムラムラしてきました。 
A先輩は嫌がりもせず潤んだ目で僕を見つめています。 
そのまま5分位無言で経過。広い道場には屋根を打つ雨の音だけが響いていました。 
僕は先輩に今までの想いを伝えるチャンスとみて声を出そうとした瞬間、 
ほっぺたを真っ赤に染めた先輩が「○○のこと、ずっと好きだった。引退するまでにいわなきゃって思ってたんだけど・・・」と電撃告白! 
うえええええええええええええええええ!まじかよ!!!!!!!!!!!!! 
心の中の僕は小さなガッツポーズを100回位してました。 

(続きは下記のリンク先で)

俺は某県の片田舎に住んでいる。 
家の隣(30m近く離れている)に同い年の真由香という幼馴染が住んでいる。 
あまり手入れのされていないボサボサの髪に、吊り上がった一重まぶたに浮き上がったほお骨が印象的な、お世辞にも可愛いとはいえない外見だったが、服の上から凝視するほどの巨乳の持ち主だった。 
俺は真由香に密かな想いを寄せており、そんな中で迎えた高3の夏。 
母親からおすそ分けとしてスイカを、真由香の家に持って行けといわれた。 
チャイムを鳴らしたが誰も出て来ず、勝手に玄関を開けた。 
「すみません、おばさんいます?」 
一階を見たが誰もいなく、二階にある真由香の部屋に行ってみた。 
「真由香いるか?」 
ノックをしたが応答がなく部屋のドアを開けてみると、ベットの上でTシャツと白いパンツ姿で寝ている真由香がいた。 
Tシャツの下はノーブラらしく、シャツにポツンと浮き出て、下着は割れ目に食い込み溝を作っていた。 
俺はTシャツを捲り、真由香の胸を露わにする。 
特大のメロンが勢いよくぶるるんと揺れ動き、中央に聳える乳首にむしゃぶりつき、寝汗の少ししょっぱい味を楽しみ、もう片方の胸を揉みしだき、水風船のような瑞々しく弾ける感触が伝わってきた。 
「ちょっと‼何してるの⁉」 
目を覚ました真由香は、俺を払いのけようとする。 
「うるさい、黙れ」 
そんな真由香の抵抗を無視し、パンツのゴムに手を掛けて一気に脱がせる。 

高校時代、始めてできた彼氏とのセックスの話をします。

私は高校1年のときから好きな男の子がいました。 
その人の名前は将人(仮名)といいました。私の名前は綾(仮名)としましょう。 
その人とは高3まで一緒のクラスでかなり友情深かった関係でした。 
私は告白しようにもなかなかできず、月日が流れた。 
それでもなんとか高3の夏休み前になんとか告白できて、OKをもらえた。

そして夏休み中でした。 
将人が私の家に来て、ゲームをしたり喋ったりと普通にして遊んでいました。 
私の弟とも仲良く遊んで子供の扱いが上手いのか、弟も喜んで遊んでいました。 
だいたい午後3時ごろでした。弟が塾に行き、2人きりになりました。 
正直2人きりになると恥ずかしさで頭が真っ白になりました。 
私がベットに座っていると、急に将人がキスをしてきました。 
綾「え・・・ええ・・・!?」 
私は驚いて何も言い返せませんでした。 
するとキスしながら私をベッドに押し倒し、舌を絡ませてきました。 
しかし私は抵抗しませんでした。好きな人にやられていると考えれば逆に嬉しいほうでした。 
将人はそのまま両手で私の胸を揉んできました。 
したを見ると将人のアソコはビンビンでした。正直うれしかったです。 

この前、初体験をしてしました。
私は17歳の学生、彼は23歳の社会人です。

お互い土日休みなので、1~2週間に1回のペースで会っています。
まだ付き合い始めて1ヶ月なのですが。


初体験をしたとき、彼とは付き合ってまだ1ヶ月経っていなかったのですが、
数回ホテルに行って指を入れられたり舐められたりしていました。
彼のモノを手や口でイカせたこともあります。


それから先はしていなかったのですが、
ある日、いっぱい一緒にいたいからホテルに泊まろうということになりました。
彼がなんとなく、今日したい…みたいなことを言っていたけど、
次の日は朝早くから予定があったので、

「明日早いしちゃんと寝たいから、そういうことしないでね!」と
念を押しておきました。

が、やはりそこは男の人ですね…いつものようにキスをされて、胸を触られて。

乳首をいじられて、舐められて…気持ちよくて、
私はすごくエッチな気分になってきていました。そんなときに彼は
いたずらをしたくなったらしく、わき腹なんかをくすぐってきました。

「あはは、やめてよ、くすぐったいよー」とか最初は言ってたんですが、
その手がパンティに当たったとき、ちょっと感じてしまい、
思わず「あっ」と声を出してしまいました。彼は笑いながら
「…えっちな声」と言いました。彼の息がちょっと荒くて、興奮してるんだな…と
思いながら、小さな声で「だ、だって…」と言うと
「可愛い」そう言って、今度はパンティを指でするすると撫で回しました。

俺は最近引っ越して、前の彼女の美帆ともHをする仲だったのに分かれてしまった…ρ(-.-、) 
 そして引っ越した高校でやっと慣れ始めた時のことである。

 ちょうど通りかかった男子トイレでなんかもめている事に気づいて、トイレに入って見ると男子生徒が3人で1人の女子生徒をレイプしていました。 
 とっさに俺は「やめろー!!」と言って行きました。俺はボクシングをしていて(インターハイ出場)あっという間に3人を殴り飛ばしてしまいました。('∀'+) 
 その女の子に「大丈夫?」っと言ったらレイプされていたので、パンツは下がっていて、ブラと制服は捲くり上がっていました。その女の子はすごく恥ずかしそうにして「ぅん。ありがとう」と言って帰りました。 
 一件落着って感じで俺も帰りました。

 下駄箱の所でまたあの女の子と出会いました。すると「さっきはありがとう…私1年3組のC・智香です。」 
 よく見ると身長は小さめで、オッパイが大きくメチャクチャ可愛くて、モー娘の亀井絵里ちゃんにそっくりでした。「あ〜俺…」って言おうとした時「4組のサムライでしょ? 知ってるよ!! ねぇアド教えてよ」って言われて、教えてあげました。その日の夜から毎日のようにメェルしました。

「サムライって好きな人とかいないの?」って聞かれて「あ〜1ヶ月くらい前に引っ越して来たからまだ居ないかなぁ〜。智香は居ないの?」と聞くと「智香はね〜サムライ好き」と言ってきました。 
 次の日、学校で会うと、「ねぇ付き合わん?」と言って来ました。カナリ可愛い子だったのでもちろん「OK」しました。 
 その日から手を繋いで、仲良く帰りました。

 そして祝日に初デートに行くコトになりました。映画を見たり、プリクラを撮ったりしてカナリラブラブモードでした。その日の夜。智香が俺の部屋に来る事になりました。 
 ソファーに座っていろいろ話をしました「サムライの家っておっきいんだね〜」とか。 
 すると、いきなり智香が「サムライってHしたことあるの〜?」と聞いてきました。俺は元カノと3・4回したことがあったので「ぅん何回かしたよ。」と言うと、そっからもうエロイ話ばかりでした。 
「私まだ処女だに↓↓」と言っていかにも俺を誘っているようでした。

(続きは下記のリンク先で)

↑このページのトップヘ