タグ:男子中学生

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。 
 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。 
 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。 
 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。 
 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。 

高校受験が終わり中学の同級生たちの中にはナメられないためだろうか、
高校入学前の春休みのうちに童貞を捨てようとする奴がわずかだけど、いた。
中には出会い系を使ってまで捨てた奴もいた。
その時、同じ学校に一個下の彼女がいた俺は奴らのそんな動きを意識しないわけがなかった。
彼女とは中学3年の初夏から付き合っていた。一年近く付き合った計算になるけど、
ヘタレな俺はセックスはもちろんキスに持ち込むこともできなかった。
ヘタレかつ受験生でもあったので休日に遊びに誘うことはあまりなかく、恋人らしいことといえ
学校帰りに仏壇屋の駐車場か彼女の家でおしゃべりすることぐらいだった。
彼女の両親は比較的若いせいか交際とか俺に対してフランクリー?に接してくれた。
一方俺の家族母は世間体を気にして一緒に出歩くことに対して批判的で、
一回うちに遊びに来た彼女に良い印象を持っていないようだった。
だから俺たちは彼女の家か人目につかない仏壇屋の駐車場でよくおしゃべりをした。
とはいってもシャイな俺は愛を語ったり甘いことばを囁くわけでなく
学校の話とか彼女の部屋にあった雑誌、セブンティーンとかキューティのページをめくりながら
それをめくりつつ話をふくらませた。なぜかというとまともに目を合わせない方が気軽に喋れたからだった。
そういう雑誌に読者アンケートがあるんだけど「好きなヨーグルトは?」とかから始まって
時には「初体験の年令は?」なんかもあった。
いつもは気まずくなりそうだからはやめくりするところを、
その時勇気を出してくだらないアンケートからいちいち見ていき、
自然なかたちで初体験のアンケートに話をふろうと思った。
へぇ、初体験の時期の多くは高一の夏だって~
といったら彼女が沈黙したので俺はひどく後悔していた。
やがて彼女が「○○、もうすぐだねぇW」と絶妙なフリをしたのに「そうだねぇ」とクールに流してしまった。
また後悔していたら少し時間をおいて彼女が「○○ってさぁ、そういうの興味ないでしょW」と言い、
ちょっと腹わって話そうぜみたいな空気を感じた俺は雑誌から顔をあげた。
「いや、あるよ。まわりの奴も捨ててるし」
「じゃなくて、○○はどうかって言ってんのW」←ちょっと切れ気味
「…したいけど。相手がいいって言うなら。」
「相手ってだれ?」
「…○○さんはそういうの嫌?」←彼女の名前
えぇー と彼女がいいちょっと悩んだ素振りをし
「あたしは、別に嫌じゃないけど」
俺はその一瞬緊張してしまい、何故かぶふーっと思い切り吹いてしまった。
彼女が俺の腕をはたいて「するなら、いつがいいの!決めて!」
と言ったので
「えっ…春休み中とか」ととっさに答えた。

(続きは下記のリンク先で)

私の初体験は4Pです。
まだ中1でした(笑)

同じクラスの男子3人と私一人です。
11月の始めで寒かったのを覚えています。

授業中、小さく折りたたんだノートの切れ端が回ってきました。
いわゆる回し手紙です。

あたりを見渡すと、2人の男子がニヤニヤしながらこっちを見ています。
休み時間によく話しているグループのKとTです。

なんだろうと思って見てみると、『胸触らせて』と書かれていました。
これだから男子は、と思いつつも少し妄想しちゃったりしてみたり。

あいているスペースに『なんでウチなの?』
と書いて隣の人に渡しました。

ぶっちゃけ私は自分に自信がありません。
貧乳だし・・・。中1の頃まだAカップでした。

するとまた紙が。『おまえエロいから』
エロいかぁ。

私はよく休み時間に男子と話していました。
中学生の男子といったらやっぱりそのような話がでます。

その話のなかによくわからない単語がありました。

私はわからないいままにしておきたくない性格なので、PCで単語調べます。
中だしやらクンニやら・・・

こんなことを話していたのか!なんて思いつつ興奮していました。

そうやってエロ単語を吸収していくうちに、
会話に混ざれるようになっていきました。

(続きは下記のリンク先で)

始まりは私がまだ12歳の時だった。

私は生まれた時から片親で12年間、生活は豊かではないけど母親と2人で楽しく過ごしてた。
ある日、私が学校から帰ってくると、1人の中年っぽいおじさんと2人の男の子が家にいた。

おじさんが私の顔を見て、にこっと笑ってくれた。
「こんにちは、はじめまして」と言われたので「こんにちは」と返したのを覚えてる。

母のところに歩いていくと、この人たちと家族になってもいいか、みたいなことを聞かれた。

しばらく何がなんだかわからなくてぽーっとしていたような気がするけど、私は父の顔も知らなかったので、OKを出した。

その時におじさんの連れ子である兄弟のことも教えてもらった。

兄の方は高1のサッカー部でエースをしていた。
今だから思うけど、顔もかっこよかったから相当もててたと思う。

弟は中2の帰宅部で暗いタイプで眼鏡をかけてた。
あとから知ったけど、この2人も母親が違うらしい。
顔もまったく似てなかった。
タイトルにもある、あとで私にいたずらをするのはこの弟の方だ。

好きだった幼なじみに彼氏出来た時の切なさは異常だな

記憶あるのは幼稚園の入園式を一緒に出た時から
でも近所だから親同士が仲良くて、親の話だと1歳位から一緒に遊んでたらしい香苗
小、中と普通に仲良くて中学生になって一緒の布団で寝てもキスもしない関係だった
でも中3の受験シーズンに一緒に俺の家の部屋で勉強してた時、物凄く、香苗を女と意識してしまい、そっからどんどん好きになった
高校は違う高校を受験、二人とも無事合格
うちの親も香苗の親も凄く喜んで、香苗家族の合格祝いの宴に俺が呼ばれた
逆にうちの親も合格祝いでちょっといい所で飯食わせてくれるっ言いその時に香苗を呼んだほどの仲

その夜、香苗はうちに泊まった。
深夜までコタツに入り色々話したのだが、その時、俺は缶チューハイを隠し持っており、未成年ながら二人でアルコールを飲みながら語っていたのだ
アルコールは偉大だった
俺は香苗に好きになりましたと告白
でも香苗は「私も好きだけど、このまま付き合って、もし別れたりしたら...うちらの親同士の仲まで壊すよね?」と現実的な話をしだした

(続きは下記のリンク先で)

↑このページのトップヘ