タグ:男子大学生

スペック

・俺
当時19歳 大学1年 フツメン(だと思ってる) 童貞
現在22、大学4年

・女
当時18歳 浪人生
現在22、大学3年
結構可愛くて話も面白いので高校時代友達グループと一緒に授業の合間に話して過ごしてた
両親は片親しかおらず、母も小学校時代に他界で施設育ち

当時俺は大学1年。
大学生ともなったらさすがに浮いた話が良く聞こえてくる
高校から一緒だった奴と大学から仲良くなった奴5人で友達グループ作って遊んでた。
まぁその中でも浮いた話が聞こえてくるわけよ。彼女できたとか童貞卒業したとか。
俺も童貞だけど、流石にすぐ近くからそういう話が聞こえてくると焦るわけよ
んな事言ってもすぐに出来るわけねーし、18歳っつったらヤリたい盛りだろ?俺もそうだ
素人童貞でもいいのでとりあえずヤレればいいなと思い切って
バイトのシフト増やして捻出して意を決してデリヘルに電話した訳。

かけたら爽やかそうなにーちゃんの声が聞こえた。
デリヘル自体始めてですと正直に言ったらものすごく丁寧にシステムを教えてくれた
とりあえずデリヘルに好みを伝えてホテル前で会うことになった。
ホテル代も頑張って捻出した。
童貞だからラブホに一人で入るの恥ずかしかったからなw

ラブホへはタクシーで行った。
まさかチャリで行くとかアホすぎるし。免許はあるけど普通の大学生だから
車買う金なんてある訳ない。
近くで降りてホテルまで5分くらい徒歩。

目印は白いステップワゴンと伝えられていたので
俺も目印ニット帽をかぶり、そこの近くへ行った。

すると運転席から怖そうな兄ちゃんが出てきてまっすぐにこちらへ歩いてきた
正直ビビった。

見た目ヤクザにしか見えない兄ちゃんが俺の目の前まで来る。
ああ俺人生終わったなとかテンパってると

893「○○様でございますか?」
デリヘルにかけた時の偽名。ちなみに高校から一緒だった友人Aの苗字を使った。

「あ、はいそうです」
893「お待たせしました、本日お相手をします○○ちゃんが今行きますのでお待ちください」

893はただの運転手だった。すっげー丁寧な対応。

そして893が運転席に戻るのと同時にスライドドアから女の子が出てくる。
出てくるのと同時に車は俺の横を走り去っていった

嬢がにっこりと笑顔で俺に近づいて来る
顔は・・・おお結構可愛いし若い子だ、初デリで当たりキターとか喜んださ

嬢「こんばんはー、よろしくね」
俺「あ、はいよろしく」

童貞なだけあって女に話しかけられただけでどもっていてかっこ悪かったwwww

そうこうしていると嬢が俺の顔を見て

嬢「あ。」

嬢「あれ・・・?もしかして○○君?」

いきなり本名で呼ばれた。苗字だったけど
は?俺偽名使ったはずなのに?今の俺は□□だよ?○○じゃないよ?
何で知ってんの?どこの工作員?ひょっとして警察のおとり捜査?

とか訳のわからない思考でパニクった。

嬢「やっぱり○○君だw」
俺「えっとどこかで会いましたっけ?」
嬢「高校の時同じクラスだったでしょwwwwwまだ1年しか経ってないよwww」
俺「は?」

どうやら北の工作員でも中国のハニートラップでも警察でもないらしい。
何とか心を落ち着かせ、嬢の顔をまじまじと見る。
確かによく見るとなんとなく高校時代に一緒だった女の面影がある。
ネオンの光がうざいのと、化粧と髪型のせいでわからなかった。

俺「あー○○だわw 久しぶりだなw」
嬢「久しぶりーw 元気そうだねw」
嬢「とりあえずここにいても何だし中入ろうよ」

と大きめのおっぱいが当たるほど密着され、腕を組んだ状態でラブホイン

学生時代、バイト先で出会ったパートの香子さん、40代前半くらいだったかな。 
切れ長の目に、ちょっと大き目の口、妙に男好きのする顔のつくり。
背は女性にしては高めで年齢のわりに体型も崩れていない、
そして特筆すべきは胸が大きいって事。 
他のバイトの男どもも40代のおばさんには興味なくても、
あの胸には一目置いていたようだ。当然、俺もすごい気になったね。

職場は制服と言ったものがなく、男も女も私服にエプロンで仕事していたのだが、 
ある時、香子さんが前屈みの体勢で、棚の下段の商品を補充しているのを見て、 
彼女の服の胸元がゆるゆるにになってるのに俺は気が付いた。 
中が見えるかなと思い、つい俺はその緩んだ胸元をそっと覗き込んでしまった。 
でかくて柔らかそうなおっぱい谷間おっぱい! 
今にもこぼれ落ちそうな乳房を辛うじてブラジャーで支えているって感じ。 
凄いモノ見てしまったって、もう興奮したね。 
あんまりジロジロ見るとバレちゃうから、仕事しているふりして、 
立ち位置を変えたりして、ちらちら見てたよ。

だけどおっぱいに気を取られすぎて、俺の動きがあまりに不自然だったんだろうな。 
その後、裏の倉庫で香子さんと二人きりで商品の整理していた時、 
「ねえ、さっき私もしかして、胸、見えてた?」 
と、いきなり言われた。 
俺はその時もさっきみたいに良いモノが見たい一心で、 
香子さんの方をちらちらと意識していて、仕事に集中していなかったので、 
ふいの香子さんの言葉に、すごく狼狽し、焦って答えに詰まってしまった。 
「若い子もいるんだから、服装に気をつけないとなあ。」 
そんな俺の態度を余り機にとめる様子もなく香子さんは、
作業の手を休めず独り言のように言ってたっけ。 
その後はその話題には一切触れなかったものの、 
俺は『バレてたー』って顔から火が出るほど恥ずかしくなり、居たたまれなかった。 

と言いつつその日の夜のオカズは、目に焼き付けた香子さんのおっぱいだった。 
40代の子持ち人妻のおばさんで抜くなんて・・・。 
ちくしょうちくしょう。射精後はちょっと悔しいというか、何とも言えない気持ちになった。 
まあ、香子さん、おばさんとは言っても実際の年齢ほど、
あんまりおばさんって感じではないんだけど。 
20代に見えるとかそんな事はないけど、40にしては若いし歳相応にキレイだと思う。

でも次に出勤する日はちょっと憂鬱だったな。 
香子さんが店長や他のおばさんパートに、
俺が胸ばかり見ていたなんて話していたらどうしよう。 
変態扱いされてクビになるのか、なんて考えた。俺、何だかんだで小心者なので。 
だけどそれは杞憂だった。 
それどころか、香子さんはまた胸元が緩そうな服を着ているんだよね。 
気になるけど今度は見ないようにしていた。 
だけど香子さん、周りに人がいない時に俺に近づいてきて、 
服の胸元を指でぱたぱたとさせながら、 
「火木はサービスデーだから。」 
なんて言ってニコニコしているんだよね。 
俺は火木日の週3出勤。火木は香子さんと仕事が重なる日。
その火曜木曜はサービスデー・・・つまり・・・。
こういう経験ってないから、戸惑った。どういうこと?見ていいって事か? 

35歳♂
姉は37歳
初めて関係持って15年
頻繁?って言うか義兄とのレスに悩んで再び関係し始めてから10年
姉の身体で俺が知らない場所など無い。

 姉との初体験の思い出語ると
15年前、独り暮らしの学生だった時に
半年後に結婚が決まった姉が義兄と2人+義兄友人合計4人で訪ねて来てくれた。
12月の忘年会シーズンと言うこともあり
居酒屋で俺含め5人で呑んだ。
飲み慣れてない俺は早々と酔い、姉と二人でマンションへ義兄は友人達と朝までドンチャンコース?
マンション帰って、再び姉と軽く呑んでたらいつの間にか二人でグースカベットに寝てて
俺は後ろから姉を抱きしめ、寝ながらおっぱい揉んでたwww
酒が入って狂ってたのか
「もう、アンタが触るから変に感じちゃったじゃないの!」
とか言いながら酒臭い同士がキス
「イケないんだからぁwww」

中学時代からの友達のお母さんだったんだけど、俺がそいつと仲良くなった頃には離婚してたんだよね。
当時まだ30代そこそこで、小柄な人だったけど結構美人で気さくなお母さん。
俺が大学受かって地元離れるときもパーティー開いたりしてくれて、年の離れたお姉さんみたいな感じだった。
狭い市営住宅に住んでいて、俺はしょっちゅうそいつの家に溜まってたんだが、彼女は昼間の勤めから帰ってくるとよく夕飯をご馳走してくれたりした。

で、友人は地元の工場に就職して俺は東京の大学に進学したんだが、夏休みに帰省すると帰ったその日にお土産持ってそいつの家に遊びに行った。
家に着くと彼女が出てきたが、友人は留守だと言う。
そいつの勤めてる工場は三交代制で夜勤のシフトに入ってるとかで明け方に帰って来るらしかった。
 
俺はお土産を渡して帰ろうとしたが、「せっかく来たんだし、大学のお話も聞きたいから上がって」と引き留められ、どうせ帰っても暇だったせいもあってお邪魔することにした。

部屋に上がると彼女はお茶を持って来てくれた。
しばらく居間で座ってテーブルを挟んで話し込んでたのだが、彼女は「暑いからちょっと着替えて来るわ」と席を立って、隣の部屋に行って着替え始めた。
隣の部屋から彼女が着替えてる衣擦れの音が聞こえてきた。

彼女「ゴメンね、待たせちゃって」

彼女は薄いピンクのタンクトップにショートパンツで現れた。

・・・目のやり場に困った。
なにしろ足も露わで、タンクトップの脇からはブラがちらっと見えるし。
当時童貞の俺にしてみりゃもう勃起モノの光景で、話もしどろもどろになってしまう。

彼女「向こうで彼女出来た?」

不意に彼女が俺に訊いた。

「まだそんな相手いませんよ」と俺が返す。

今までなら冗談話が弾むとこだったのだが、何故かそこで沈黙。
しばらくして彼女が口を開いた。

彼女「じゃあ、あたしみたいおばさんでもこんな格好してると興奮しちゃうでしょ?」

俺「・・・しますよ、すごく・・・」

俺は予想外の質問に言葉も詰まりがちに返答した。

彼女「・・・抱きたい?あたしを」

彼女は俺に畳み掛けるように訊いた。

大学4年だが、昨日童貞喪失した。
相手は同じ部活の1つ下の後輩理恵子。

なんとか就職も決まり卒業を待つだけとなったが、情けないことに女だけは知らなかった。
理恵子はさばけているというか男っぽい性格で男女問わず友達が多い。
一昨日、友人たちと飲んだ後で理恵子と二人で話していたら、「大学生活でやり残したことは何か?」という話になった。
下ネタOKの理恵子ならいいかと思い、「実はまだ童貞なんだ」と打ち明けた。

すると、意外なことに理恵子が「私でどうです?」と言ってきた。
俺が「冗談だろ?」と言うと、理恵子は「私今つきあっている人いないですから本気ですよ」と言った。
俺はたいしたことしていないつもりだったが、理恵子が同学年の男と別れる際に間に入って世話を焼いたことを恩義に感じてくれたいたらしい。

俺はすぐにでも理恵子としたかったが、理恵子は準備が必要だからと言って次の日に会うことにした。

そして昨日、理恵子が俺の部屋に来た。
恥ずかしいことに女と二人だけになったのは初めてだった。
俺が先にシャワーを浴びて、理恵子がシャワーを浴びている間、時間がすごく長く感じられた。
髪を束ねてバスタオルを巻いた理恵子がベッドに腰掛けた。
「今日は私の言うとおりしてくださいね」理恵子がキスをしてきた。恥ずかしいことに俺はキスも初めてだった。
理恵子は慣れているらしく、俺の歯の間から舌をからめてきた。
理恵子の髪やうなじからいい匂いがする。
理恵子:「Kさん、上になって」
俺は理恵子をベッドに押し倒して、バスタオルを剥いだ。
きれいな体だった。胸はDカップで乳首もちょうどいい大きさだ。
腰のくびれもあるし、陰毛も手入れが行き届いている。
俺は理恵子の乳首を吸い、もう片方の胸を揉んだ。

↑このページのトップヘ