タグ:男子高校生

あれは、高校2年の初夏だった。
俺は大阪の高校に通っていた。
中学の時から女の子に興味はあったけど、特に付き合ったり
とかは無く野郎どおしの遊びで満足していた。

俺は今から考えると、どうしようもなく背伸びをしていたと思う。
キスはした事ないのに「もう済ませた」とか、
童貞なのに「逆ナンされてやっちゃった」とか、
風俗言った事ないのに「飛田新地で15分7000円でヤラセテもらった」とか
まぁ今考えると恥ずかしいがバイト先のレストランの遊んでる先輩の話を
受け売りに自分の体験のごとく話して、連れの股間を大きくさせていた。

その時はアウトローなキャラが自分の理想像であり、演じていたキャラなの
である。そんな背伸び野郎の俺の話。

高校の体育祭は6月の中旬にやっていて、別に熱くなるわけでもなく
出場種目には淡々とこなし、校庭の隅っこでやたら盛り上がっているグループを

「馬鹿じゃねーの?」

と偉そうに座って馬鹿にしていた事を覚えている。
体育祭は勝ったのかな?記憶はあいまいだが勝ったんだろう。
祝勝会というなの打ち上げに誘われたからだ。
何故か活発なヤツ達が多くいる別のクラスのヤツに誘われた。

Y子 「K(俺)くん、打ち上げおいでよ。」
俺  「いいよ、いかねーよ。」

Y子は同学年イチの活発な女の子であり、ブサイクだけど、愛されキャラだった。


今でさえ、酒の飲めない子は多いが俺はその時から飲めないのを自覚していた
から酒が飲めないという理由をかくして断った。背伸びしていたなぁ。
飲めない事がカッコ悪いとも思っていたのも理由だろう。
何とか「ノリがいい」とかいう事がいい事というのを壊したかったんだろう。
興味ねぇ。空気あわねぇし、Y子はブサイクだし。
その時ひょこっと横に現れたのがチーである。

チー 「なんで来ないのぉ~」
俺  「!!!」

チーは今で言うロリ顔で、めちゃめちゃかわいい子だった。
掘北マキさんにちょっと似てる。
その時のファッション雑誌の地域特集で何回か載ったのも知っている。
高校1年の時、別のクラスから廊下に出てきた時にチラッと見たときから
俺はやられていた。一目惚れだった。
学年イチ男前のAと付き合っていたはずである。

チー 「おいでよ、ウチのクラスとKくんのクラスが勝ったんだからさ。」
俺  「あーそうだよねー。(やべぇ初めてしゃべる…)」
チー 「あんまKくんのクラスと交流も少ないし、誘ってきてよ。」
俺  「マジで!」
チー 「うん、マジで」
俺  「誘わないといけないの?(俺目的じゃないよな、そうだよな…)」
Y子 「来るんかい!さっきは行かねぇとか言ってたのに!」
俺  「いや、『いけないの』ってのは誘わないと駄目なのって意味で。」
Y子 「ややこしい事いうなぁw」
チー 「ホントw」
俺  「そうかなぁ。ハハ… (Y子邪魔すんなよ!)」

こん時は既にドキドキ、ホレてる子と喋って笑いとってるなんて有頂天だった。
よく考えれば笑いとってるんじゃなくて、雑談なんだけど。
心の中では、行くのは決めたんだけど喋りたいから、長引かせる。


俺  「誰呼んで欲しいの?」
チー 「仲いい子でいいよ。Mくんとか仲いいでしょ。」
俺  「うん。いつも一緒にいるな。」
チー 「それとSくんとか、適当に」
俺  「いっぱいで盛り上がりたいのな。」
チー 「そうそう。」

既に視線と体の方向はY子関係ねぇ、チーしか向いてねぇ俺。
この時は携帯電話も持ってるヤツは持ってたんだけど、大体がポケベル。
「連絡先と称してベル番聞けるかな」とか考えてた。

俺は某県の片田舎に住んでいる。 
家の隣(30m近く離れている)に同い年の真由香という幼馴染が住んでいる。 
あまり手入れのされていないボサボサの髪に、吊り上がった一重まぶたに浮き上がったほお骨が印象的な、お世辞にも可愛いとはいえない外見だったが、服の上から凝視するほどの巨乳の持ち主だった。 
俺は真由香に密かな想いを寄せており、そんな中で迎えた高3の夏。 
母親からおすそ分けとしてスイカを、真由香の家に持って行けといわれた。 
チャイムを鳴らしたが誰も出て来ず、勝手に玄関を開けた。 
「すみません、おばさんいます?」 
一階を見たが誰もいなく、二階にある真由香の部屋に行ってみた。 
「真由香いるか?」 
ノックをしたが応答がなく部屋のドアを開けてみると、ベットの上でTシャツと白いパンツ姿で寝ている真由香がいた。 
Tシャツの下はノーブラらしく、シャツにポツンと浮き出て、下着は割れ目に食い込み溝を作っていた。 
俺はTシャツを捲り、真由香の胸を露わにする。 
特大のメロンが勢いよくぶるるんと揺れ動き、中央に聳える乳首にむしゃぶりつき、寝汗の少ししょっぱい味を楽しみ、もう片方の胸を揉みしだき、水風船のような瑞々しく弾ける感触が伝わってきた。 
「ちょっと‼何してるの⁉」 
目を覚ました真由香は、俺を払いのけようとする。 
「うるさい、黙れ」 
そんな真由香の抵抗を無視し、パンツのゴムに手を掛けて一気に脱がせる。 

高校の1年の時、3年の先輩マリさんは、学校でも評判の美人で、マリさんの放送当番の日は、学校中のみんなが聞いているというような、学校のアイドルだった。 
僕もマリさんが好きだったが、不埒にもマリさんに童貞を奪ってもらいたいと考えるようになってしまった。

もうそろそろ3年も部活引退というある日、テストも近くみんな早く帰り、部室にマリ先輩と二人だけだった。 
俺に背中を向けて早口言葉を練習しているマリさんの、長い髪と耳たぶにかかるほつれ毛にたまらなくなって、とうとう後先も考えず後ろから抱きついてしまった。

「あっ!」と驚いたマリさんだが、なぜか強硬には拒否しなかった。 
「先輩、好きです!」俺はそういうと後ろからマリさんの胸を揉んだ。 
「あ、ゆうじ君、だめ。」 
マリさんはそういったが、払い除けはしなかった。 
俺は調子に乗って後ろからマリさんのうなじに唇をつけた。 
「だめってば。」 
マリさんはそういいながらも、押し退けたりはしなかった。 
そのまま胸を揉みながら、うなじへの愛撫を続けたら、先輩も首を後ろに回し、キスに応じて来た。

先輩が拒絶しないので、思わぬ展開にびっくりしながらも、俺は胸に回していたうちの片手を下におろし、 
スカートの中からマリさんのパンティーのあの部分をさすった。 
「ほんとうにもう!だめって!」 
マリさんはそういいながらも俺の手を払い除けるのはしなかった。 
俺は調子に乗って、パンティーをずらして中に指を入れてみた。 
中はぬるぬるしていて、なんだか不思議な感触がした。 
びんびんになった俺のものがマリさんの背中にあたっている。 

高校の園芸部の事。温室(敷地の外れ)で片づけをしていたら、もう一人の片づけ当番の1年上のN先輩が急に後ろから抱きついてきた。 
部活は汚れるので体操着でしていたが、この頃は夏服で薄着なので、背中に先輩の胸(割と大きい)が密着し、先輩のいい香りがして、息遣いも耳元で聞こえてびっくりした。 
「ちょ、先輩何?」て一瞬振りほどいたが、今度は前から抱きついてきた。 
髪の毛のいい香りがして胸がぐにゅっとした感触がして、さすがに振りほどく気にならんかった。 
「もうちょっとこうさせて」というのでそのままにしていた。 
N先輩は仲○由○恵に似たような高校生にしては大人っぽい雰囲気で、まんざらではなかった。後で聞いたら年上の彼氏に浮気されて別れた後だったらしい。 
童貞野郎だった俺はすぐにあそこが反応をはじめたがそのままにしていた。 
でも、当時はどうしていいかわからないので抱きつかれたままオドオドしていた。 
すると先輩が気づいて「大きくなった?」って聞いたので、はずかったので黙っていた。 
先輩は周りと入口を伺って誰もいないのを確かめると突然俺の体操の半パンとブリーフを一気に引き下げて、俺のを露出させた。 

(続きは下記のリンク先で)

俺は雄一、22歳の大学生。叔母の言いなりになってから丸6年になる。

この生活が始まったのは俺が高1、中堅商社に勤めている父親が母親を連れて北欧に転勤した時だった。

俺は当然単身赴任するものと思っていたが、父親の前任者が単身赴任で現地の女性とトラぶったとかで、会社から夫婦で行くように言われたらしい。

俺はこの頃父親と折り合いが悪く、また、有名進学校に入ったばかりだったので残ることにした。

一人暮らし希望だったが、こっちに残る条件が叔母(母の妹)のところに預けられることだった。

叔母はこのとき36歳。女にだらしなかった夫を追い出してバツイチ、ビジネススクールや学習塾の講師をやってるむちゃくちゃ気の強い女だ。

他人から見ると美人らしいが、この頃の俺は気が強く何かと小うるさい叔母が嫌いだったが、そんな叔母も同居し始めて二人きりになってみると予想に反して案外優しい。

俺の身の回りのことも行き届いてるし、母親みたいにつまらん干渉をしないのが心地良かった。

俺は開放感を楽しむ生活を送っていたが、講師という仕事柄学校の成績に関してだけは厳しかった。

でも俺もそのおかげで1学期はほどほどに良い成績で終えることができた。

夏休みは毎晩遅くまでテレビを見て毎日昼頃まで寝坊するだらしない生活を送っていたが、逆に叔母は学習塾の夏期講習やらなんやで忙しいらしく、毎日カリカリしていた。

ちょうど8月に入った頃、ある日曜日の昼頃のに俺を起こそうと叔母が部屋に入って来た。

(続きは下記のリンク先で)


↑このページのトップヘ