タグ:風俗

518 名前:名無しさん@入浴中[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 20:11:48.81 ID:udIcce+S0 [1/5]
卒業してきたのでレポってみる

高級店で時間は短すぎず長すぎず、
下調べして嬢をちゃんと選んで予約して行くべし、
ってのがここの童卒のススメだってのは分かってたんだけど、
自分の中で、別に童貞なんて大事に守ってきたモンでもないし、
フラっと軽い感じで捨てたいという考えがあったので、
40分1.5万の大衆店、予約なしのフリーで行ってみた

ちなみに25歳の年齢=彼女いない歴、
風俗経験は手コキ店数回ピンサロ数回ヘルス1回と、
無いわけじゃないが、6年ぐらいでこの回数なので、
慣れてるってこともなく相変わらずのド緊張で、
店の前に来たがまず店の前を通りすぎてみたりw
意を決して入店して予約無しであることを告げると、
30分ぐらいの待ちで入れる子を4人紹介される
緊張のせいでちゃんと比べる余裕もなく、
当然店員に聞けるわけもなく、
なんとなくパッと見の印象で選んでみたが、
選んだ直後、それ以外の子には「ラブラブプレイ」
みたいなコメントが書いてあったことに気付き軽く後悔する...
まぁ結果的にコレは対して問題なかったんだけど


519 名前:名無しさん@入浴中[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 20:18:28.24 ID:udIcce+S0 [2/5]

フリーで行くつもりの人に助言してみると、緊張すると思うんで、
なんとなくでも事前に選ぶポイント決めとくべきだと思う
俺は顔で決める!とか、なにより胸の大きい子!みたいな。
何も考えてないと、誰選んでいいか分からなくなる

聞いてた時間から15分ぐらい遅れて案内。
丁寧に謝罪があったので、そこそこ良い店だったと思う、
受付の雰囲気もよかったしいざ嬢と対面、
この瞬間が一番緊張する...
スラっとしててちょいギャルっぽい雰囲気、
特別可愛い!って感じでもないが、ルックスは文句無し
入室してまず部屋の広さに驚く、嬢にそう言ってみたら、
高級店じゃないのにこの広さは珍しいという話を聞く、
やっぱ良い店だったかも
自分でも明らかにギクシャクしてるのが分かったので、
とりあえずソープ初めてであることを告げる
軽く話しつつ、なんなら隠せるトコまで隠してみようかとも思ったんだけど、
間が持たずに直ぐに童貞であることも告げる
緊張しまくってたからバレてた?と聞いてみたら、
もしかしたらそうかも?と思った、と言われたw
そこから童貞はよく来るのかーみたいな話をちらほら聞いてみたり。
嬢の童貞体験談面白い


521 名前:名無しさん@入浴中[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 20:25:07.51 ID:udIcce+S0 [3/5]

プレイ開始。
体を洗ってもらうが、AVとかで見たことのあるソープ独特の洗い方、
みたいなのは無かったな
手でざっと全身を洗って、少し体を密着させたぐらい
そして風呂へ。
ここも長いコースなら色んなプレイがあったのかもしれないが、
5分ぐらいフェラしてもらってベッドへ

恥ずかしい話ですが、30代後半でありながら正真正銘の処女で去年の末からソープ業界へ入りました。自分で言うのも変なのですが、子供の頃は芸能事務所に所属して子役をしており、大学生の時にはモデルのバイトをしていましたので、当時から外見も体型も変わらず今も悪くはないと思います。10代の頃から男性の友達も数多くおり、様々な男性から何度も告白されモテはしますが恋愛やセックスには全く関心が無くて、キスの経験すらありませんでした。おそらく私はアセクシャル(無性愛者)なのだと思いますが、訳あってお金に困り一大決心してソープで働く事にしました。

働く理由は、父親から継いだ小さな会社を経営しているのですが中途半端な知識で金融商品を運用を始めたところ、リーマン・ショックの煽りを受け1000万円以上の損失を出してしまいました。要するに損失を取り返そうと運用額を増やして雪ダルマ式に傷口を広げ、従業員さんへお給料も払わないといけないのに運転資金にも躓きました。大学を卒業して以来父親の会社で働いてきましたので、他の職歴もなく短期間に稼げる仕事はソープしかありませんでした。元を正せば知識が無いにも関わらず楽して儲けようとした私が悪いのですからソープで働く事には後悔は一切ありません。

当然、セックスや性的な行為に全く関心がないのでオナニーの経験もなく、働くに当たり男性器を挿入できるのかどうかの不安はありましたが、ソープの面接へ行く前に男性器の形をしたバイブレーションを購入して試しましたら、痛みはありますが出血も無く無事挿入も出来ましたので働く事にしました。

スペック

・俺
当時19歳 大学1年 フツメン(だと思ってる) 童貞
現在22、大学4年

・女
当時18歳 浪人生
現在22、大学3年
結構可愛くて話も面白いので高校時代友達グループと一緒に授業の合間に話して過ごしてた
両親は片親しかおらず、母も小学校時代に他界で施設育ち

当時俺は大学1年。
大学生ともなったらさすがに浮いた話が良く聞こえてくる
高校から一緒だった奴と大学から仲良くなった奴5人で友達グループ作って遊んでた。
まぁその中でも浮いた話が聞こえてくるわけよ。彼女できたとか童貞卒業したとか。
俺も童貞だけど、流石にすぐ近くからそういう話が聞こえてくると焦るわけよ
んな事言ってもすぐに出来るわけねーし、18歳っつったらヤリたい盛りだろ?俺もそうだ
素人童貞でもいいのでとりあえずヤレればいいなと思い切って
バイトのシフト増やして捻出して意を決してデリヘルに電話した訳。

かけたら爽やかそうなにーちゃんの声が聞こえた。
デリヘル自体始めてですと正直に言ったらものすごく丁寧にシステムを教えてくれた
とりあえずデリヘルに好みを伝えてホテル前で会うことになった。
ホテル代も頑張って捻出した。
童貞だからラブホに一人で入るの恥ずかしかったからなw

ラブホへはタクシーで行った。
まさかチャリで行くとかアホすぎるし。免許はあるけど普通の大学生だから
車買う金なんてある訳ない。
近くで降りてホテルまで5分くらい徒歩。

目印は白いステップワゴンと伝えられていたので
俺も目印ニット帽をかぶり、そこの近くへ行った。

すると運転席から怖そうな兄ちゃんが出てきてまっすぐにこちらへ歩いてきた
正直ビビった。

見た目ヤクザにしか見えない兄ちゃんが俺の目の前まで来る。
ああ俺人生終わったなとかテンパってると

893「○○様でございますか?」
デリヘルにかけた時の偽名。ちなみに高校から一緒だった友人Aの苗字を使った。

「あ、はいそうです」
893「お待たせしました、本日お相手をします○○ちゃんが今行きますのでお待ちください」

893はただの運転手だった。すっげー丁寧な対応。

そして893が運転席に戻るのと同時にスライドドアから女の子が出てくる。
出てくるのと同時に車は俺の横を走り去っていった

嬢がにっこりと笑顔で俺に近づいて来る
顔は・・・おお結構可愛いし若い子だ、初デリで当たりキターとか喜んださ

嬢「こんばんはー、よろしくね」
俺「あ、はいよろしく」

童貞なだけあって女に話しかけられただけでどもっていてかっこ悪かったwwww

そうこうしていると嬢が俺の顔を見て

嬢「あ。」

嬢「あれ・・・?もしかして○○君?」

いきなり本名で呼ばれた。苗字だったけど
は?俺偽名使ったはずなのに?今の俺は□□だよ?○○じゃないよ?
何で知ってんの?どこの工作員?ひょっとして警察のおとり捜査?

とか訳のわからない思考でパニクった。

嬢「やっぱり○○君だw」
俺「えっとどこかで会いましたっけ?」
嬢「高校の時同じクラスだったでしょwwwwwまだ1年しか経ってないよwww」
俺「は?」

どうやら北の工作員でも中国のハニートラップでも警察でもないらしい。
何とか心を落ち着かせ、嬢の顔をまじまじと見る。
確かによく見るとなんとなく高校時代に一緒だった女の面影がある。
ネオンの光がうざいのと、化粧と髪型のせいでわからなかった。

俺「あー○○だわw 久しぶりだなw」
嬢「久しぶりーw 元気そうだねw」
嬢「とりあえずここにいても何だし中入ろうよ」

と大きめのおっぱいが当たるほど密着され、腕を組んだ状態でラブホイン

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/09/03(月) 22:15:44.73 ID: dskHQyZ70
スペック
22歳 大学院生 
165cm55kg ブサメン
2次オタ ただし抜くときはだいたい3次
彼女いない歴=年齢

物心ついてから女の子の体に触れた覚えなし
それどころか同年代の女の子と数年以上まともに日常会話した覚えなし

俺は普通に暮らしてても女の子とHできる機会なんて一生
ないだろうなという考えから、ここ最近ずっと風俗に興味があった

なので日頃からVIPの風俗スレで知識を仕入れたり
地元の風俗店のサイト見て妄想にふけったりしていたんだが、
なかなか踏ん切りがつかず実際に行くことはなかった

そんな折、俺はずっと関西住みなんだけど9月の1ヶ月間
所用で東京のビジネスホテルで暮らすことになった

来る前は位置ぐらいしかろくに調べてなくて全然知らなかったんだけど、
東京についてホテルに向かう途中の街にはやたらと風俗店が多く、
客引きの兄ちゃんもうようよしている

俺の泊まるホテルは風俗街の真ん中にあったのだ

これは千載一遇のチャンスだと思い立ち、ホテルに着くなり
ネットで調べてみたところ、ここは都内でもわりと有名な風俗街だったらしい

おいおい風俗行くなら今しかないだろ!と一気にその気になってしまった俺は
今まで仕入れた知識に従いまずPINK板でスレが活発な店を探し、
店のサイトに行ってあんまりギャルっぽくないかわいい感じの子が多かった
ある店に目星をつけた

この店は本番ありの、いわゆるソープランド
初風俗でいきなり本番はハードル高いからデビューはヘルスかなーと
ずっと思ってたんだが、探したかぎり近くにあるのはソープが多く、
せっかくなので頑張ってソープに行くことにした
あとから嬢に聞いた話だが、関西はヘルスが多く関東はソープが多いらしい

お値段は60分で21k。少し安めの大衆店といったところか

そして決行の日、何も考えず直接店に行って地雷を掴まされるのは
御免だったので、もちろん電話予約をすることにした

出勤している嬢の中からこの娘いいなってのをブラウザのタブで
片っ端から開き優先度順に並べて戦闘準備完了
ドキドキしつつ電話をかける

電話には兄ちゃんが出た
PC見つつ希望の女の子が入れるかどうか順番に聞いていくと、
3番目の女の子が2時間ぐらい後から入れるらしいので、その子に決めた

短期のアルバイトをして金を貯めた俺は昔からの念願であったセックスをしてみたかった
フリーターみたいな生活をしていて暇があればXvideoを見てるような飢えた童貞だった
とにかくセックスを味わいたくて風俗に行く前に色んな事を試していた
オナホを買っては刺激に耐えられるよう訓練したり布団に固定して腰を振る練習をしていた
ビビリな性格のためなかなか予約の電話をかけることができずに日々を過ごしていたが
衝動を抑えきれなくなり店を吟味して嬢を決めた
80分28kの店で26歳の長身巨乳な嬢に決め、昨夜電話で予約した

念願のセックスをついに出来るということで、その日に備えて色んなことをした
オナホを買っては布団に固定して腰を振る練習をしたし、亜鉛やエビオスがいいと聞いて
数日前から飲んだりしたし、当日用の栄養ドリンクを準備しておいたりした
とある風俗指南スレで、風俗に行く前にオナ禁したり寸止めしたりして溜めてから行く
というのを目にしたので真似をして、オナホで寸止め3時間亀頭責めも含めて訓練した
その結果、玉が痛くなってアイスノンで冷やしたりもしたが翌日には痛みは治まっていた

そして当日の朝起床後ニンニクの力を飲み
店に行くのに一時間かかるから運転しながらマカの力を飲み
現地について時間が余ったから散歩しつつ30分前にはマカの力をもう一本飲み
気合を十分に入れて店に足を運んだ
それらしい通りに出て向こう側から巨乳のお姉さんが歩いてきたのでビビったが、
これからそんなお姉さんとあんなことこんなことするんだろうがと思い店に到着した

↑このページのトップヘ